« 金鯱の耳かき -愛知県名古屋市- | トップページ | あずきの研究8 -お祝い事に赤色が好まれる理由- »

2014年4月28日 (月)

ヤングココナッツ

 イオンワールドフェスタ「タイフェア」で「ヤングココナッツ」が売られていました。

 先のとがった部分を切り取って,キリ等で穴を開け,ストローで中のジュースを飲むよう説明書きがありました。

(ヤングココナッツ)
Photo

 興味深々で買ってきて,早速出刃包丁で開けようとしましたが,なかなか簡単には開かないので,百円均一で売られている「のこぎり」(固い物でも簡単に加工できるので,南瓜を切ったり魚を捌く時など,台所に1本常備しておくと結構役に立ちます。)を使いました。

 まず上部を少し切り,中のココナッツジュースを出してから,縦半分にのこぎりで切りました。

(縦半分に切ったココナッツとのこぎり)
Photo_2


 種の周りの白い胚乳の部分は,スプーンで取り出し,半分はそのまま食べ,半分は乾燥させて「コプラ」にすることにしました。

(すくい取った胚乳とココナッツジュース)
Photo_3


 ココナッツジュースはほのかに甘い汁で,胚乳のココナッツオイルの香ばしい香りがします。かなり薄めたスポーツドリンクのようです。

 白い胚乳部分は,やはりココナッツオイルの香りが特徴的な,少し固めのゼリーのような食感でした。油脂分も多いためか,濃厚なココナッツの味でした。砂糖などで甘くするともっと美味しくなると思います。

 コプラは,室内や冷蔵庫で乾燥させて食べてみました。生の胚乳に比べて食べやすくなっており,ココナッツミルクの塊を食べているかのような,さらに濃厚な味になっていました。

 このコプラをすりおろし,水に溶かし込んだ白濁した液体が「ココナッツミルク」で,そのココナッツミルクを煮詰めて,浮き上がった油が「ヤシ油」となります。東南アジアやオセアニアでは,このココナッツミルクやヤシ油が料理に多用されています。「ナタデココ」もココナッツから作られています。

 普段,馴染みの薄い海外の食べ物を入手して,いかに料理し,食べたらいいのか考えをめぐらすことは,その国の食文化を理解する上で,非常に有効で,楽しいことだと思います。

 こうした様々な国のフェアや物産展が開催され,気軽に海外の食文化に触れられる機会が増えると嬉しいです。

« 金鯱の耳かき -愛知県名古屋市- | トップページ | あずきの研究8 -お祝い事に赤色が好まれる理由- »

食材と味の探究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤングココナッツ:

« 金鯱の耳かき -愛知県名古屋市- | トップページ | あずきの研究8 -お祝い事に赤色が好まれる理由- »

最近のコメント

最近のトラックバック

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ