« 新幹線500系の耳かき -大阪府大阪市- | トップページ | 復刻カバ車とUCCカフェSmile号 »

2014年7月 7日 (月)

七夕の行事食

 七夕の行事食と言えば,そうめんです。確かにそうめんは織姫が織る糸のようにも見えますし,束ねると天の川のようにも見えます。

(そうめん[縒(より)つむぎ,古(ひね)])
Photo

 そのそうめんですが,ルーツは遣唐使によって中国から伝来した唐菓子(「からくだもの」,米粉や小麦粉を油で揚げたり,焼いたもの)の「索餅」という菓子にさかのぼります。「索」は「縄」,「餅」は中国では「小麦粉で作った食品」の意味なので,索餅は「縄のように長い小麦粉食品」という意味になります。小麦粉,米粉,塩を練って縄のように伸ばし,ねじって油で揚げたもので,日本ではその形をとって「牟義縄(むぎなわ,麦縄)」と呼ばれました。酢,醤,塩,糖などをあえて食べられたようです。

(いろいろな唐菓子:岡田哲「食文化入門-百問百答-」)
Photo_4

 七夕に索餅が食べられるようになったのは,「7月7日に病で亡くなった子供の好物が索餅だったので,その索餅をお供えし,病の流行を防いだ」という中国の故事に基づくようです。
 その索餅も,時を経て,だんだんと原形を失い,呼び名も「素麺(そうめん)」となり,現在に至っています。

 年に一度,7月7日だけ会うことを許された織姫と彦星ですが,その日には,天の川にカササギが橋を架けてくれます。何ともロマンチックな話ですね。

(上生菓子:「かささぎの橋」)
Photo

« 新幹線500系の耳かき -大阪府大阪市- | トップページ | 復刻カバ車とUCCカフェSmile号 »

季節・旬の味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七夕の行事食:

« 新幹線500系の耳かき -大阪府大阪市- | トップページ | 復刻カバ車とUCCカフェSmile号 »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ