« 阿波おどりの耳かき -徳島県鳴門市- | トップページ | しょうゆの研究3 -手作り醤油キットから醤油の製法を学ぶ- »

2015年2月 7日 (土)

紅茶の研究2 -ナムリン アッパーと紅茶のグレード-

ナムリン アッパー

 紅茶専門店「ルピシア」でナムリン アッパーという秋摘みのダージリン紅茶が販売されていました。ナムリンという茶園の標高の高い場所(アッパー)で採れた紅茶であり,濃厚な花の香りと繊細な甘い味わいが特徴とのお話でした。
 いざ試飲してみると,その香り立ちの良さと甘い味わいに,一瞬にしてとりこになり,お手頃価格の茶葉をやめて,こちらを購入しました。

(ナムリン アッパー)
Photo

 普段,砂糖を入れて飲むことはないのですが,このナムリン アッパーには,控え目に砂糖を入れると,ほのかな甘さが引き立ち,より一層美味しくなると思いました。スコーンやケーキにも合うと思います。


紅茶のグレード


 今回のナムリン アッパーの表記を例に,紅茶のグレードを示す表現について,まとめてみました。

(ナムリンアッパー(茶葉))
Photo_2
 
(ナムリンアッパーのラベル)
Photo_3

このラベルに記載された「FTGFOP1」とは,

「F(Fine(st),ファイン(ファイネスト))」
(とても)素晴らしい,見事な

「T(Tippy,ティッピー)」
新芽

「G(Golden,ゴールデン)」
黄金色をした,TGがセットで黄金色をした新芽という意味

「F(Flowerly,フラワリー)」
花のような香りのする

「O(Orange,オレンジ)」
オレンジ色をした

「P(Pekoe,ペコ)」
若い葉,OPがセットでオレンジ色をした若い葉という意味

「1」
No.1

「2014-EX919」
 通常,ダージリン(Darjeeling)紅茶には,「DJ-数字」でロットナンバーが表されていて,茶園でその年に最初に摘まれた茶葉を1とし,順に2,3と続きます。
 今回の茶葉は「EX-数字」(Excellent)ので表現されていますが,これは茶園の特別なロット番号となります。
 まとめると,2014年産の919番目に摘まれた特別な茶葉という意味になります。

「ダージリン秋摘み」
 春摘みダージリンを「ファーストフラッシュ」,夏摘みダージリンを「セカンドフラッシュ」,そして今回の秋摘みダージリンを「オータムナル」と言います。

 ダージリンで秋に摘まれたオータムナルが日本で販売されるのは今の時期とのことですが,紅茶で季節や旬を味わうというのもおしゃれだと思います。

« 阿波おどりの耳かき -徳島県鳴門市- | トップページ | しょうゆの研究3 -手作り醤油キットから醤油の製法を学ぶ- »

食文化事例研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅茶の研究2 -ナムリン アッパーと紅茶のグレード-:

« 阿波おどりの耳かき -徳島県鳴門市- | トップページ | しょうゆの研究3 -手作り醤油キットから醤油の製法を学ぶ- »

最近のトラックバック

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ