« ケニア料理の特徴と主な料理3 -アフリカフレンドシップウィークのビリヤニ(後編)- | トップページ | 色が食欲に与える影響と食品マーケティング -倉敷のデニムまん- »

2015年9月22日 (火)

エディブルフラワー -食べられる花-

エディブルフラワー

 山口県柳井市の農産物直売所で,エディブルフラワー(edible flower,食用花)が売られていました。

 同市内には「やまぐちフラワーランド」もあることから,観賞用だけでなく,食用の花にも力を入れておられるのではと思い,興味を持って購入してみました。

 陳列コーナーには,エディブルフラワーについての説明がありました。

(お花の取り扱い方について)
Photo_4

 意外といろんな花が食べられるようです。
 ただ,同じ種類の花でも,観賞用に育てられた花には,人体に有毒な農薬や化学肥料が使われている可能性があるので,食用に育てられた花以外は避ける必要があるでしょう。

(食べられるお花の利用法の提案)
Photo_2


エディブルフラワーの利用法

 
花を使った料理というと,刺身のつまなどに用いられる食用菊や,あんパンにのせられた桜の塩漬け,洒落たレストランなどで出されるサラダなどを思い出しますが,ほかにも,お菓子の生地やバターに練り込んだり,砂糖漬けにするなどの利用法があるようです。


エディブルフラワーの実食

 今回購入したエディブルフラワーは,様々な花の詰合せパック(200円)です。

 皿に出してみました。

(エディブルフラワー)
Photo_3

 観賞用でも十分通用するほど,きれいな花が並んでいます。
 実際,観賞用に留めておいた方が…という気もしましたが,そのままでいただいてみました。

 エディブルフラワーだからと言って,ほかの花と違って甘いとか,食べやすいというものでもなさそうです。

 当然ながら,香りは花そのものですし,雄しべ,雌しべ,緑色の茎の部分は少し苦味がありますし,口の中で花粉も感じます。
 抵抗なく食べられるのは,花びらの部分だけと言えるかも知れません。

 でもやはり,花の香り,見た目の美しさ,鮮やかさ,彩りの良さから,サラダや前菜,デザートなど,料理やお菓子のアクセントとして利用すると,料理のグレードが飛躍的にアップすることは間違いありません。

 エディブルフラワーをうまく利用すれば,何気ない料理もひと味違った料理に変化させることができるので,作る楽しみや食べる楽しみも増えるように思います。

« ケニア料理の特徴と主な料理3 -アフリカフレンドシップウィークのビリヤニ(後編)- | トップページ | 色が食欲に与える影響と食品マーケティング -倉敷のデニムまん- »

食材と味の探究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エディブルフラワー -食べられる花-:

« ケニア料理の特徴と主な料理3 -アフリカフレンドシップウィークのビリヤニ(後編)- | トップページ | 色が食欲に与える影響と食品マーケティング -倉敷のデニムまん- »

最近のコメント

最近のトラックバック

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ