« 広島県三次市の郷土料理と三次もののけミュージアム(湯本豪一記念日本妖怪博物館) | トップページ | 魔除けスイトンの耳かき -岡山県真庭市- »

2020年10月28日 (水)

ビッグ錠先生の世界4 -ArsNovaのおでん・特製オムライス・コーヒー-

ArsNovaの仲間とおでんパーティー

 私がいつもお世話になっている神奈川県藤沢市湘南台のバー「ArsNova(アルスノーバ)」。

 しばらく旅行(県外移動)を自粛していたのですが,お店で記念イベントがあるとのお知らせをいただき,勇気を出して約1年ぶりにお店を訪問しました。

(ArsNova)
Photo_20201027190401

 営業自粛の際,マスターがお店を少しリフォームされたようで,外観がきれいになっていました。

 久しぶりなので,少しドキドキしながらお店に入ると,マスターをはじめ,漫画家のビッグ錠さんやお店の常連さんなど,皆さん勢ぞろいでした。

 ビッグ錠さんの隣のカウンター席に座らせていただきました。

 マスターから「おーっ,本当に広島から来たね!何する?」と言われ,いつものブランデーバックをお願いしました。

(ブランデーバック)
Photo_20201027190701

 いつもの席で,いつものメンバーと,いつものドリンクをいただける幸せを感じました。

 食事として大鍋のおでんが用意され,常連のお客さん達と会話を楽しみながらいただきました。

(おでん)
Photo_20201027190702

 西日本ではあまりみかけない「はんぺん」や「ちくわぶ」も入っており,関東のおでんを堪能しました。

 大阪出身のビッグ錠先生からは,「かつて関西のおでんには『コロ』と呼ばれる鯨の皮と脂肪の部位を乾燥させた具が入っていた」という話題が出て,盛り上がりました。

 そのお話を隣で伺っていた私は,「おでんのコロは,確か(ビッグ錠先生の)漫画でも紹介されていたなぁ…」と思い出し,笑みがこぼれました。

 ビッグ錠先生をはじめ,初対面のお客さん,何度かお会いしたことのあるお客さん,そしてマスターと,いろんな人と会話が盛り上がり,お店を出たのは明け方3時でした。

 お店を後にする際,マスターからの掛け声は,お別れのあいさつではなく,「明日もランチやってるから!」でした(笑)


ArsNovaの特製オムライス

 湘南台のホテルに泊まり,翌日昼にお店を再訪問しました。

 このお店でランチをいただくのは,初訪問以来です。

 その日のランチはドライカレーとオムライスだったので,私はオムライスを注文しました。

(特製オムライス)
Photo_20201027193501 

 熱々のオムライスで,トマトソースはシャキシャキ感が残るほどにさっと炒めた玉ねぎとあらごしトマトをからめたものでした。

 卵とライスが一体化したような,ふわふわのオムライスでした。

 しばらく食べ続けるうちに,このオムライスがちょっと変わっていることに気付きました。

 「中身が赤いケチャップライスじゃない」
 「それどころかライスがオムレツで包まれてもいない」

(特製オムライス(中身))
Photo_20201027202301

 中身をよく観察すると,卵かけごはんをオムレツの形に焼き,トマトソースをかけて仕上げられたオムライスでした。

 ふわふわの食感はこの作り方に秘密があったようです。

 私はマスターに「このオムライスはちょっと珍しいですね」とお話しすると,マスターが「卵とライスを混ぜて焼くオムライスで,『東京オムライス』とも呼ばれるらしいよ」と教えてくれました。

 後程インターネットで調べてみると,東京・銀座の老舗洋食店「煉瓦亭」の「元祖オムライス」と一緒だとわかりました。

 おそらく,東京「煉瓦亭」のオムライスにルーツがあるので「東京オムライス」とも呼ばれるのでしょう。


フライパンローストコーヒー

 食後に,マスターがサイフォンで丁寧に淹れたコーヒーをいただきました。

(コーヒー)
Photo_20201027194501

 このお店のコーヒーは,フライパンを使ってコーヒー豆を少しずつ丁寧に焙煎されています。

 こうすることで,ムラなく均等に豆が焙煎でき,焙煎の度合いも調整できるそうです。

 マスターがフライパンで焙煎されている様子を目の前で何度か見たことがありますが…豆がはぜたり,煙が立ち込めたりで,店内が大変な状況になります(笑)


 今回もお店に長時間お邪魔させていただきました。

 長距離移動については,まだ少し慎重にならざるを得ない状況にありますが,またいつか訪問し,皆さんと楽しいひとときを過ごせたらと思います。

 ビッグ錠先生,ArsNovaのマスター,常連客の皆さん,今回も大変お世話になりました。


<関連サイト>
 danchu「煉瓦亭の"混ぜる"オムライス|春のたまご料理⑥

<関連記事>
 「ビッグ錠先生の世界1 -石巻カレー全集「食堂パレスの黄色いレトロカレー」とArs Novaの特製ハヤシライス-
 「ビッグ錠先生の世界2 -ビッグ錠先生からのビッグなプレゼント-
 「ビッグ錠先生の世界3 -ビッグ錠先生との出会いと私の似顔絵-

« 広島県三次市の郷土料理と三次もののけミュージアム(湯本豪一記念日本妖怪博物館) | トップページ | 魔除けスイトンの耳かき -岡山県真庭市- »

食文化体験・イベント」カテゴリの記事

コメント

関東だとはんぺんは大根の次くらいに人気があります^_^
静岡おでんや名古屋おでんは食べた記憶がありますが、
実は大阪のおでんは食べた記憶がありません(^_^;)
さすがビッグ錠先生御贔屓のお店!
オムライスもコーヒーも凝ってますね(^。^)
さすがにモー二ングはないのでしょうか( ̄▽ ̄)

なーまん 様

なーまんさん,こんばんは。
早速コメントいただき,ありがとうございます!(^^)!

関東では,はんぺんが人気なんですね。
西日本ではそこまでメジャーな食べ物ではないように思います。
広島のお店のおでんは,牛すじをだしに使うことが多く,色も濃いです。
西日本では,ちくわぶもあまり食べることがありません。
だから,今回私ははんぺんとちくわぶをたくさんいただきました(笑)

ArsNovaの特製オムライス,ランチだとコーヒーとセットで600円と,とてもリーズナブルでした。
もう一品はドライカレーだったのですが,こちらもコーヒーとセットで700円でした。
ランチでの利用もおすすめです(^^)v

モーニングは…ないと思います。
毎晩深夜1時2時まで開けておられるようなので,モーニングは厳しいと思います(笑)

おはようございます。
イベントのために広島から湘南台まで!私には真似できそうもありません(笑)
私はおでんが昔からあまり好きではなく(練り物が多いし、味もあんまり…)地域でそんなに違うものなんですね。
静岡のおでんが真っ黒で、かつおぶし粉(だったか?)をかけて食べるのは孤独のグルメで知りました。

chibiaya 様

chibiayaさん,おはようございます。
いつもコメントいただき,ありがとうございます(^-^)

今回のイベントは,リスクも考えましたが,誘ってくださったことへの感謝の気持ちの方が強かったので参加させていただきました。
私自身はまだ消極的なところがあり,こうしたきっかけでもないと行けなかったと思います。

おでん,あまりお好きではないのですね(笑)
確かに,関東のおでんは,はんぺんやちくわぶなど,練り物系の割合が多い気がします。
スーパーやデパートに行くと,静岡おでんをはじめ,日本各地のおでんが売られていますね。
お雑煮やみそ汁と同様,各地の個性が出る料理なのでしょう。
広島のお好み焼屋とかうどん屋では,大鍋におでんが用意されていることも多く,セルフで皿に盛って食べた分だけ精算します。
お好み焼の具に,刻んだおでんを入れる店もあるんですよ(^^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 広島県三次市の郷土料理と三次もののけミュージアム(湯本豪一記念日本妖怪博物館) | トップページ | 魔除けスイトンの耳かき -岡山県真庭市- »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ