« 山本五十六が好んだ「水まんじゅう」 -山本五十六はなぜ「酒まんじゅう」に砂糖をかけて食べたのか- | トップページ | 新潟の食文化探訪5 -日本のイタリア料理史・「イタリアン」と呼ばれる料理・新潟の「イタリアン」- »

2022年8月25日 (木)

佐渡朱鷺(トキ)の耳かき-新潟県佐渡市-

 金色の朱鷺(トキ)の耳かきです。

1503288

 燕三条地場産業振興センターで購入しました。

15032881

 このセンターの物産館には,約10,000点の洋食器・刃物の他キッチン用品・鍋・工具などを展示・即売されていますが,その中で見つけたのがこの金属製の朱鷺の耳かきです。

 燕三条駅構内にある燕三条駅観光物産センター「燕三条Wing」でも同じ耳かきが販売されていました。

 朱鷺の裏面には「佐渡 朱鷺」と刻印されています。

15032882

 金色は佐渡金山を表しているのでしょう。

« 山本五十六が好んだ「水まんじゅう」 -山本五十六はなぜ「酒まんじゅう」に砂糖をかけて食べたのか- | トップページ | 新潟の食文化探訪5 -日本のイタリア料理史・「イタリアン」と呼ばれる料理・新潟の「イタリアン」- »

特産・名産・有名品耳かき」カテゴリの記事

中部地方の耳かき」カテゴリの記事

コメント

純金製だったら一本プレゼントして欲しいですね^ ^
小判型の小銭入れなら持っています^^
もちろんニセモノ^o^

なーまん様

コメントいただき,ありがとうございます。

最初の文から大笑いです(^-^)
純金製だったら,高すぎてお土産として買えないと思います(笑)
小判型の小銭入れ,お金を呼び込むパワーがありそうで,魅力的ですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山本五十六が好んだ「水まんじゅう」 -山本五十六はなぜ「酒まんじゅう」に砂糖をかけて食べたのか- | トップページ | 新潟の食文化探訪5 -日本のイタリア料理史・「イタリアン」と呼ばれる料理・新潟の「イタリアン」- »

最近のコメント

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ