« 矢口の神事と矢口餅 -矢口餅はなぜ黒・赤・白の3色なのか- | トップページ | 特急リバティ会津・会津鉄道リレー号の旅2 -浅草今半の牛肉重・くるみゆべし大福・会津産紅玉のジュース・会津栗モンブラン- »

2022年12月 4日 (日)

神奈川の食文化探訪3 -江ノ島のたこせんべい・藤沢「萬福楼本店」の麻婆豆腐ランチ・湘南台「葦(Ashi)」のホットサンドミックス-

江ノ島のたこせんべい

 鎌倉駅から江ノ島電鉄に乗り,江ノ島を訪問しました。

(江ノ島電鉄・江ノ島駅)
Photo_20221204105501

 江ノ電は,鎌倉駅と鎌倉大仏(高徳院)の最寄り駅・長谷駅の区間しか利用したことがなかったのですが,長谷駅から江ノ島駅方面は美しい海岸沿いを走ったり,街中を走ったりと変化に富んだ景色を楽しめました。

 江ノ島駅からは歩いて江ノ島を目指しました。

(弁天橋から眺めた江ノ島)
Photo_20221204105701

 江ノ島は,いつ来ても人が多く,海風が強いような印象があります(笑)

(弁財天仲見世通り)
Photo_20221204105801

 江ノ島のスタート地点,弁財天仲見世通りの入口です。

 同じ場所をビッグ錠先生が描くと次のようになります。

(弁財天仲見世通り(漫画))
Photo_20221204105901
 ビッグ錠「たこせんべい」(ぶんか社「俺流!絶品めし Vol.27」掲載)から一部引用

 江ノ島は何度か訪れたことがありますが,「たこせんべい」が有名なことは最近読んだビッグ錠先生の漫画で初めて知りました。

(江ノ島名物の紹介)
Photo_20221204110001
 ビッグ錠「たこせんべい」(ぶんか社「俺流!絶品めし Vol.27」掲載)から一部引用

 「なんだ?みんなが食ってるの」
 「タコせんべいだよ」
 「知らないのぉ?」
 「江ノ島といやぁシラス丼とタコせんべいだよ!」

 はい,私も知りませんでした。

 というわけで,江ノ島・弁財天仲見世通り沿いにあるお店「あさひ本店」へ伺いました。

(たこせんべい「あさひ本店」)
Photo_20221204110401

 お店には大勢のお客さんが並んでいました。

 今まで意識せずに素通りしていました(笑)

(メニュー・価格表)
Photo_20221204110601

 メニューには,「丸焼きたこせんべい」,「丸焼きエビせんべい」,「大人の焼きタコ ガーリック風味」,「青のせんべい(しらす)」のほか,「湘南ゴールド」というオレンジが使われたチューハイやサイダーなども販売されていました。

(券売機)
Photo_20221204110701

 私は券売機で「丸焼きたこせんべい1枚」の食券を購入しました。

 食券を握りしめ,列に並んでしばらく順番を待っていると,お店の方が来られ,食券と引き換えに「たこせんべい引換券」が渡されました。

(たこせんべい引換券)
Photo_20221204110801

 これで注文がお店に行き届いたことになります。

(たこせんべい「あさひ本店」での順番待ち)
Photo_20221204110901

 引換券に交換してからも,しばらく待つことになります。

 それは,たこせんべいを焼き上げるのに時間がかかるからでもあります。

 たこせんべいの作り方は「あさひ本店」のウェブサイトによると,①生タコを塩が抜けるまで丁寧に洗う,②生タコに下味(醤油ベースでほんのりピリ辛な薄味)を付ける,③生タコに粉をまぶして鉄板に並べる,④高温(185℃)の鉄板で生タコを挟み,約1トンのプレスをして焼き上げる,と説明されています。

(たこせんべいの焼き上げ)
Photo_20221204111101
 ビッグ錠「たこせんべい」(ぶんか社「俺流!絶品めし Vol.27」掲載)から一部引用

 「タコを2枚の鉄板ではさんで」
 「圧縮して高温で焼き上げる!」
 「このタコの焼ける香りがたまんねぇんだな」

 私もたこせんべいが焼き上がるのを待つ間,調理場を見学しましたが,生タコが一気に高温の鉄板でプレスされることで,キュウキュウと悲鳴のようなリアルな音が発せられるのが印象的でした。

(たこせんべい調理場)
Photo_20221204111301

 写真のプレス機で2枚分のたこせんべいができます。

 これをハサミでジョキジョキと半分に切って,長方形のたこせんべい(1枚分)の完成です。

 下味を付けた生タコに粉をまぶし,鉄板でプレスすることで一気にせんべいにするという,何とも豪快でスピーディーな調理法です。

(たこせんべいの持ち方)
Photo_20221204111401

 プレス機の前には,「たこせんべいの持ち方」の説明書きがありました。

 たこせんべいは両手で,対角線上に持たないと風圧で割れてしまうようです。

 出来立てのたこせんべいをいただきました。

(たこせんべい)
Photo_20221204111601

 「片手で持ったら割れる」と注意されているのに,夢中になって片手で持って撮影してしまいました(笑)

 それくらい,薄くてビッグなんだジョー。ねっ,ビッグ錠先生。

 お味は,タコが丸ごとプレスされているので,タコの旨味を存分に味わえました。

 特に,タコが焼けた部分は,タコがスルメ(干しイカ)のようになり,タコそのものの味を楽しめました。

 この日の夜,ビッグ錠先生とお会いしたのですが,私は「すごくリアルに描いておられますね」と率直な感想をお伝えしました。


藤沢・萬福楼本店のランチ

 江ノ島から小田急電車に乗り,藤沢駅へ行きました。

 当ブログをお読みいただいている,なーまんさんから教えていただいた中国料理店で昼食をいただくこととしました。

 地元の方がおすすめのお店であれば,間違いないと思ったからです。

 藤沢駅北口から銀座通りをしばらく歩くと,目指すお店「萬福楼本店」がありました。

(「萬福楼本店」店舗)
Photo_20221204112001

 多彩なメニューが用意されているお店のようで,ワクワクしながらお店に入りました。

 メニュー表を見ると,数多くの料理が用意されており,上海で食べた上海焼きそばもあったので,これにしようかと迷いましたが,まずはお店の特徴を知ることが一番だと思い,麻婆豆腐のランチ定食を注文しました。

 店員同士の中国語での会話が飛び交う中,しばらくして麻婆豆腐ランチが提供されました。

(麻婆豆腐ランチ)
Photo_20221204114701

 またまたビッグだジョー(笑)

 大盛りの麻婆豆腐に丼に盛られたライス。
 これに中華スープとザーサイとデザートの杏仁豆腐まで付いて680円とは驚きです。

 しかも麻婆豆腐は挽き肉たっぷりで味も本格的です。

 「麻婆豆腐白飯忘我本能的交互喫食!」
(麻婆豆腐とライスを交互に,我を忘れてワシワシといただきました。)

 思わずデタラメな中国語が飛び出すほど,ボリューム満点で美味しい麻婆豆腐ランチでした。

 藤沢駅周辺の中国料理店は「茶馬燕(ちゃーまーえん)」に続き2軒目となりますが,大きな街だけに様々な用途・ニーズに合わせたお店があるなという印象を受けました。

 「我満腹於萬福楼,謝謝」


湘南クリエイティブガトー 葦(Ashi)のホットサンドミックス

 藤沢駅から小田急電車に乗って,湘南台駅へ行きました。

 湘南台駅近くにある洋菓子店「湘南クリエイティブガトー 葦(Ashi)」で,ホットサンドミックスとコーヒーをいただきました。

(ホットサンドミックスとコーヒー)
Photo_20221204112501

 ホットサンドは,ハムチーズとベーコンエッグの2種類(2枚ずつ)です。

 ハムチーズは,チーズがギューンと伸びるほど熱々で,薄切りトマトも入っており,ピザをいただいているかのようでした。

 ベーコンエッグは,ベーコン・タマゴサラダ・玉ねぎがはさまれたホットサンドで,スパイスの効いたベーコンの美味しさが際立つ一品でした。

 いつ伺ってもお客さんが絶えることなく,湘南の人気店です。


 今回は,神奈川県藤沢市の江ノ島,藤沢駅前,そして湘南台の飲食店を御紹介しましたが,藤沢だけでも様々なお店があり,まだまだ魅力的なお店がたくさんあるように思いました。


<関連サイト>
 「あさひ本店」(神奈川県藤沢市江の島1-4-8)
 「萬福楼本店」(神奈川県藤沢市藤沢1009 中島ビル1F)
 「湘南クリエイティブガトー 葦」(藤沢湘南台店・神奈川県藤沢市湘南台1丁目4-3 ほか)

<関連記事>
 「神奈川の食文化探訪1 -釜揚げしらす・コーンフレーククッキー・湘南チーズパイ・鵠沼魚醤-
 「中国料理の特徴と主な料理1 -水豆鼓炒蛋(貴州納豆の卵炒め)-
 「中国料理の特徴と主な料理4 -上海料理(紅焼肉・上海粗炒面)と上海リニアモーターカー-

« 矢口の神事と矢口餅 -矢口餅はなぜ黒・赤・白の3色なのか- | トップページ | 特急リバティ会津・会津鉄道リレー号の旅2 -浅草今半の牛肉重・くるみゆべし大福・会津産紅玉のジュース・会津栗モンブラン- »

日本各地の食文化」カテゴリの記事

コメント

たこせんべいの存在は承知していましたが、あのしらす丼と双璧とは知りませんでした!
私もいつも素通りしていましたが、今度立ち寄ってみます^^
萬福楼もてっきり満腹楼かと思っていませんでした(^.^)
中国語が解らなくても筆談はできるという事がよくわかりますね!
「葦」のカフェは平塚本店と湘南台店しかないので、まだ行った事がありません(´∀`)
湘南モノレール江の島駅近くにあった江ノ電サブレのカフェも、いつか行こうと思っていたら、いつのまにか閉店(´∀`*)
葦なら大丈夫でしょうが(^_^)

一瞬、生タコを生きたタコと勘違いして、生きたまま粉をまぶしてプレスしてるのを想像してしまいました。
残酷なせいべいじゃなくて安心しました(笑)
前々回の記事でWORLD BREAKFAST ALLDAYの通販のパンが美味しそうとコメントしましたが、実店舗が恵比寿にオープンしたそうなので今度行ってみたいと思います。
https://www.padaria.jp/
コウジ菌さんも次にこちらに来られた際には是非!

なーまん 様

なーまんさん,こんばんは。
いつもコメントいただき,ありがとうございます。
そして,今回も貴重な地元情報を御提供いただき,ありがとうございました。

江ノ島のたこせんべい,やはり有名なんですね。
地元の人の方が意識されないかも知れませんね。
次回,江ノ島へ伺った時は,海老が化石のように変化した,丸ごと海老せんべいも食べてみたいです(^-^)

萬福楼,おすすめいただいた理由がわかりました。
リーズナブルでボリューム満点。また伺いたいお店です。

「葦(Ashi)」,お話いただいたとおり地元で人気のお店ですね。
湘南台にお店があるので,何回か伺いましたが,カフェも一杯で,諦めたこともあります。
江ノ電サブレのカフェも行ってみたかったです。

江ノ電鎌倉駅に,週末限定の江ノ電弁当「江ノ弁」が販売されていました。
こちらもいつか味わってみたいです(^-^)

chibiaya 様

chibiayaさん,こんばんは。
いつもコメントいただき,ありがとうございます(^-^)

おっしゃるように生きたままのタコかも知れませんよ(笑)
生のタコをいきなりせんべいにするなんてスゴイ発想ですよね。
プレスする時の音でしょうが,キュウキュウと鳴くような音がすると,タコが「助けて~」と言っているようで,食育の勉強にもなりました。

「WORLD BREAKFAST ALLDAY」の姉妹店のパン屋さんができたんですね!
今初めて知りました。
chibiayaさんが興味を持たれたジョージアのハチャプリも販売されているようで,確かにこれは注目のお店ですね。
東京へ行った際,行ってみたいと思います。
嬉しいな。貴重な情報ありがとうございます\(^o^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 矢口の神事と矢口餅 -矢口餅はなぜ黒・赤・白の3色なのか- | トップページ | 特急リバティ会津・会津鉄道リレー号の旅2 -浅草今半の牛肉重・くるみゆべし大福・会津産紅玉のジュース・会津栗モンブラン- »

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ