観光地耳かき

2018年10月20日 (土)

六甲ケーブル(レトロタイプ)の耳かき -兵庫県神戸市-

 神戸の六甲山頂にある「六甲おみやげ館」で購入しました。

2808234

 六甲ケーブルの車両には,クラシックタイプ(1号車)とレトロタイプ(2号車)があるのですが,この耳かきはレトロタイプ(2号車)です。

 レトロタイプは旧阪神電車や旧神戸市電をイメージして作られた車両です。(ちなみに,広島市内では神戸市電だった路面電車が今なお現役で走っています。こちらはイメージ車両ではなく,本物です!)

 ケーブルカーの車輪の形が左右で異なっているのが特徴です。

 そのため,中間地点で2台のケーブルカーが左右に分かれてすれ違う時も,右なら右ばかり,左なら左ばかりを走ってすれ違うようになっています。

 この耳かきは「六甲おみやげ館」のほか,六甲ケーブル 六甲山上駅構内にあるお土産ショップ「ショップ737」でも販売されています。

 耳かきコレクターでなくても,六甲旅行のお土産・記念品として最適だと思います。

<関連記事>
 「夜景写真 -摩耶山掬星台(兵庫県神戸市)-

2018年10月12日 (金)

六甲ケーブル(クラシックタイプ)の耳かき -兵庫県神戸市-

 ご当地耳かき探しと写真撮影のため,神戸の六甲山と摩耶山へ行きました。

 阪急六甲駅→(神戸市バス)→六甲ケーブル下駅→(六甲ケーブル)→六甲山上駅→(六甲山上バス)→六甲ガーデンテラス・六甲おみやげ館【耳かき購入】→(六甲山上バス)→六甲山上駅→(六甲摩耶スカイシャトルバス)→摩耶山掬星台【写真撮影】→星の駅→(まやロープウェー)→虹の駅→(まやケーブル)→摩耶ケーブル駅→(神戸市バス)→三宮駅と巡ったのですが,「六甲・摩耶1dayチケット」(1500円)を購入すればこの全てのルートの交通機関が1冊のチケットで乗車できます。

 この耳かきは六甲ケーブル(クラシックタイプ)の耳かきです。

2807233

 事前に六甲山頂の「六甲おみやげ館」で売られているとの情報を入手していたのですが,六甲山での滞在時間が1時間しかなかったため,六甲山上駅からバスに飛び乗って六甲おみやげ館を目指し,耳かきを買ったらまたバスに飛び乗って六甲山上駅へ戻り,何とか摩耶山行きの最終バスに間に合うという,とてもハラハラ・ドキドキな体験をしました。

 これも全てこの耳かきを入手するためでした。

 六甲山上駅で摩耶山行きの最終バスを待つ間,ほんの少し時間ができたので,駅構内のお土産ショップ「ショップ737」の店内を回ってみました。

 すると…何とこの店にも同じ耳かきが販売されていたのです!

 耳かき入手だけが目的ならば,六甲山上駅からバスで往復1時間かけて六甲ガーデンテラス・六甲おみやげ館まで行く必要はなかったこととなりますが(笑),六甲山と摩耶山を周遊し,満喫できたので結果的に良かったです。

<関連記事>
 「夜景写真 -摩耶山掬星台(兵庫県神戸市)-

2018年10月 3日 (水)

芝桜の耳かき -埼玉県秩父市-

 秩父鉄道・秩父駅構内にある「秩父地場産センター物産館」で購入しました。

 秩父市の花「芝桜」の耳かきです。

1102232

 芝桜の部分が鈴になっていて,振るとチリンチリンと鳴ります。

 秩父市にある羊山公園「芝桜の丘」では,9種類・40万株以上の芝桜が植栽されていて,春のシーズンを迎えると,あたり一面が芝桜で埋め尽くされます。

 また秩父は桜の名所が多いことでも有名です。

 そして秩父市の木は「カエデ」です。

 私は秩父で国産のメープルシロップやカエデ糖菓子をいただきましたが,秩父は芝桜,桜,カエデなど自然の恵み豊かで,四季折々の風景が楽しめ,オンリーワンの資源にも恵まれた魅力的な観光地だと思います。

2018年8月23日 (木)

神戸異人館・風見鶏の館の耳かき -兵庫県神戸市-

神戸異人館街のお土産店で見つけた風見鶏の館の耳かきです。

風見鶏の館は,ドイツ人貿易商ゴッドフリート・トーマス氏の邸宅として建てられた建物です。

この耳かき,実は屋根に肝心の風見鶏がないのですが(笑),レンガ造りの建物や庭は細部まで表現されています。

神戸異人館街は,新神戸駅からも三ノ宮(三宮)駅からも気軽に歩いて行ける距離にあり,近くにお土産店や外国料理の店も多いので,おすすめの観光地です。

2806230

2018年8月 9日 (木)

SLやまぐち号(ヘッドマーク)の耳かき -山口県山口市-

新山口駅(山口県)と津和野駅(島根県)間を走る蒸気機関車「SLやまぐち号」のヘッドマークの耳かきです。

3514229

「C571」は「C57形蒸気機関車(愛称:貴婦人)」の第1号機という意味です。

ヘッドマークの鳥は「ナベツル」で,山口県の県鳥でもあります。

この耳かきはJR西日本関連グッズとして新大阪駅で売られていたものです。

お土産としても喜ばれると思うので,もっといろんなヘッドマークの耳かきを販売してもらいたいです。

2018年3月17日 (土)

なまはげの耳かき -秋田県秋田市-

秋田市の「あきた県産品プラザ」で購入した「なまはげ」の耳かきです。

なまはげは,男鹿半島を中心とする地域の伝統的な風習で,大晦日に行われます。

鬼のような形相のなまはげが,「泣く子はいねがー,悪い子はいねがー」と言って家々を回り,恐ろしいようなのですが…この耳かきのなまはげは,とても愛嬌がある顔をしていますね。

ドリフターズの雷様にも似ています(笑)。

黄色い角は爪楊枝,赤い髪は毛糸,包丁や衣装は厚紙や糸で作られています。

手作りなので,1本1本顔の表情が異なっているのですが,それがまた味があっていいなと思います。

広島から遠く秋田まで足を運び,目当てのご当地耳かきがあったので,このなまはげを見た瞬間,泣きたくなるほど嬉しかったです。

0501217

2017年8月 2日 (水)

神話の里 宮崎の耳かき -宮崎県宮崎市-

 宮崎は日本神話発祥の地として有名です。

 この耳かきの神様は,三種の神器である草薙(くさなぎ)の剣を手に持ち,勾玉(まがたま)の首輪をかけています。

 台紙に描かれた天狗のような神様はサルタヒコ(猿田彦)だと思います。

 そう考えると,この耳かきの神様は,アマテラスの命で高天原(たかまがはら)から日向国(ひゅうがのくに)に天下った(「天孫降臨」された)ニニギノミコトなのでしょう。

 このニニギノミコトのほかにも,イザナミ,イザナギ,アマテラス,ツクヨミ,スサノオ,オオクニヌシなど様々な神様を耳かきにして宮崎県内各地で販売されていたら,神話に興味を持つ人が増え,楽しいと思います。
4502198

2017年6月23日 (金)

阿波踊り(竹細工)の耳かき -徳島県鳴門市-

鳴門公園のお土産屋さんで見つけた阿波踊りの耳かきです。

立派な化粧箱入りで店内にずらりと展示・販売されていました。

男踊りと女踊りの2種類の竹細工があったのですが,私はよりリアルに感じられた女踊りの耳かきを購入しました。

竹とその枝の特徴を生かし,着物やしなやかに踊る女性の姿,鳥追い笠をかぶった頭,手や足の動きなどが細かいところまでうまく表現されています。

この耳かきを見つけた時,思わず店の外で「エライヤッチャ,エライヤッチャ」と小おどりしました(笑)

それぐらい見つけて嬉しかった耳かきです。

3603195

(拡大写真)
36031951_2

2017年6月 5日 (月)

SLやまぐち号の耳かき -島根県津和野町-

SLやまぐち号は,新山口駅と津和野駅間を結ぶ蒸気機関車です。

客車は,展望車風(1号車),欧風(2号車),昭和風(3号車),明治風(4号車),大正風(5号車)といろんな種類のレトロ客車が連結されています。

このSLやまぐち号の耳かきは,よく見ると底に金文字で「C57 1」と記載されていますが,これは「C57形1号機」という意味で,そのバランスのとれた美しい姿から「貴婦人」という愛称で呼ばれています。

数ある鉄道の中で,煙を吐いて力強く走るSLほど勇ましく,感動を与えてくれる鉄道はないと思います。

私はもちろん,このSLやまぐち号の耳かきにも感動しています(笑)
3208194

2016年12月12日 (月)

筑波山の刀の耳かき -茨城県つくば市-

 茨城県内でご当地耳かきが売られてそうな観光地を調べたところ,筑波山が一大観光地となっていることを知り,TXつくば駅からバスで筑波山へ行き,現地のお土産店で購入したものです。

 刀の鞘を抜くと,刀の耳かきが出てくる全国で定番の耳かきです。

 刀の鞘には,ガマガエルの絵とともに「筑波山」と書かれたシールが貼られています。

 このご当地もののシールに価値があると言えるでしょう。

 筑波山に行けば,名物「ガマの油」などガマガエルにちなんだお土産はもちろん,生きた本物のガマガエルにも出会うことができます。

0801183

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ