食文化事例研究

2021年5月 5日 (水)

島根県出雲市のビーントゥバーチョコレート -La Chocolaterie Nanairo(ラ ショコラトリ ナナイロ)-

ビーントゥバーチョコレートを求めて島根県出雲市へ

 島根県出雲市には,カカオ豆の買い付けから選別,焙炒,テンパリング,成形,包装まで全ての行程を自社工房で一貫して行う「Bean to Bar(ビーントゥバー)」のチョコレートを製造・販売されているお店があります。

 出雲市斐川町にあるチョコレート専門店「La Chocolaterie Nanairo(ラ ショコラトリ ナナイロ)」です。

 このお店は,広島大学名誉教授の佐藤清隆先生の講演会でお話を伺ったり,料理雑誌で紹介されているのを拝読したりと,チョコレートに興味を持つ私はいつか行ってみたいお店でした。

 そこで私はゴールデンウイークを利用してこのお店を訪問し,カフェでチョコレートをいただくこととしました。

 出雲市駅から一畑電車に乗り,川跡(かわと)駅経由で雲州平田駅で下車しました。

(一畑電車・雲州平田駅)
Photo_20210505155301

 出雲市と松江市を結ぶ一畑電車,愛称「ばたでん」です。

 こちらの駅でレンタサイクル(電動自転車)を借り,片道約4kmの道をひたすらこいでお店に到着しました。

(La Chocolaterie Nanairo 店舗)
La-chocolaterie-nanairo

 店内はお客さんで一杯でした。

 私はカウンター席に御案内いただきました。

 メニュー表には,チョコレート,ケーキ,ショコラショー(ホットチョコレート),コーヒー,カカオティー(紅茶)などが御用意されていました。

 今回私は,カカオティーとチョコレートの「コレクション6種」を注文しました。


カカオティー

 出雲市斐川町の西製茶所の和紅茶(べにふうき)にお店オリジナルのカカオパウダーがブレンドされたドリンクです。

 カカオパウダー入りの紅茶とは珍しいと思い,注文しました。

(カカオティー)
Photo_20210505155601

 カカオパウダー入りだからか,濃いオレンジ色の紅茶でした。

 和紅茶のやさしい味わいを大切に,カカオパウダーは和紅茶の風味をそっと引き立てる程度に加えられている紅茶でした。

 砂糖やミルクを加えても美味しいと伺い,後半は砂糖を少し加えていただいたのですが,こうすると甘味とコクが加わり,ひと味違ったカカオティーを楽しめました。


コレクション6種

 このお店では,シーズンごとに作られる4種類のダークチョコレートと季節の素材を取り入れたトッピングチョコレート,そしてホワイトチョコレートの全6種類のチョコレートを御用意されています。

 「コレクション6種」は今シーズンのチョコレートを全て味わうことができるセットです。

 今シーズン「Spring/Summer Collection 2021」は,ドミニカのカカオ豆を使ったダークチョコレート4種とホワイトチョコレート,そしてみかんをトッピングしたチョコレートの6種類がラインナップされています。

 ダークチョコレートには「バッチナンバー(BATCH No.)」がナンバリングされています。

 目の前でチョコレートを1つ1つ丁寧に盛り付けていただきました。

(La Chocolaterie Nanairo コレクション6種)
La-chocolaterie-nanairo_20210505160201

 プレートを運んでいただいた際,お店の方からチョコレートの配置を説明していただきました。

 この写真では手前(写真左下)から奥(写真右上)に向かって,順番にNo.56,No.57,No.58,No.59,みかんトッピングチョコレート,ホワイトチョコレートという配置となります。

 確かにダークチョコレートは見た目では区別することができないので,番号順などの規則性がないと,私のような素人にはバッチナンバーと実物のチョコレートを照らし合わせることができません。

 バッチナンバー別のフレーバーノートもお借りして,それを見ながら順番にチョコレートの味や香りを楽しみました。

(フレーバーノート(BATCH No.59 ドミニカカカオ75%))
Batch-no59-75

 ダークチョコレート4種について,私は「フルーティーな香り」,「ナッツの香り」,「酸味がある」,「ほろ苦さを感じる」程度のレベルしか特徴を見い出すことができなかったのですが,お店のフレーバーノートに紹介されている説明書きは全く次元が違いました。

 例えば「BATCH No.59 ドミニカカカオ75%」の場合だと,
「ビルベリーとチェリーのパイに,グレープフルーツのようなすっきりとした柑橘の香り,キャラメルアーモンドの香ばしさとドライプルーンの甘酸っぱさ,ほうれん草とサーモンのポタージュスープに,そば粉のガレット,ラム酒が香るミルクジャムの懐かしい香りと微かに感じるフランキンセンスの香り。琥珀色に輝く幸せの青い鳥をイメージしたチョコレートです。」
と説明されています。

 フレーバーノートを1枚1枚めくりながら,いつの間にかテイスティングよりも,その説明書きを感心しながらじっくり読みふけってしまいました。

 しばらくしてお店の方から「チョコレートの違いはわかりましたか」とお話いただき,ハッと我に返りました。

 私は,
○4種類のダークチョコレートについては,順にカカオ分(カカオマス)が多くなり,ほろ苦さが強まって,カカオの味わいが深くなっているように感じたこと
○ホワイトチョコレートの甘いフレーバーとシャリシャリした食感は初体験で,これがカカオバターから作られた本物のホワイトチョコレートかと感動したこと
をお伝えしました。

 するとお店の方から,
○4種類のダークチョコレートは,いずれも同じ産地のカカオ豆で,カカオマスの割合など製法をほんの少し変えただけのチョコレートであること
○同じ産地のカカオ豆でも,製法の変化や作る時期によってフレーバーやテイストが異なるチョコレートができあがること
○ホワイトチョコレートはお店の人気商品で,このホワイトチョコレートを求めて来店・購入されるお客さんも多いこと
を教えていただきました。

 テストの答え合わせのような感じですが(笑),改めてフレーバーノートをパラパラめくってみると,カカオの割合はほぼバッチナンバー順に高く配合されており(No.56が65%,No.57が70%,No.58が80%,No.59が75%),見当違いの感想ではなかったのだとホッと胸をなでおろしました。

 同じ産地のカカオ豆でも,製法や時期が少し違うだけで,異なる香り・味をもつチョコレートができあがることを知り,チョコレートの理解が深まりました。

 そしてホワイトチョコレートです。

 一般的なホワイトチョコレートでイメージする味・食感とは異なっていて,驚きと感動の味でした。

 チョコレートの文献などで,ホワイトチョコレートがカカオバターから作られることは理解していましたが,その製法で作られたホワイトチョコレートをいただくのは初めてでした。

 フレーバーノートにホワイトチョコレートの工程が紹介されていました。

(ホワイトチョコレートの工程)
Photo_20210505162201
 「La Chocolaterie Nanairo」フレーバーノートを一部加工・引用

 カカオバター,全粉乳,砂糖だけで作られるホワイトチョコレートです。

 これまでホワイトチョコレートにはあまり関心を持ってなかったのですが,今回の体験で価値観が変わりました。

 みかんトッピングのチョコレートも,隠岐の島海士町産の乾燥みかんの濃縮された甘い香りと酸味が,ほろ苦いダークチョコレートのアクセントとなっている美味しいチョコレートでした。


縁結びの国・出雲を実感

 多くのお客さんでお忙しい中,お店の方からチョコレートについていろいろと教えていただきました。

 会話の中で,少しだけ佐藤先生の話題にも触れたのですが,それを聞いておられた店主さんが,私に自己紹介してくださった上で,「よろしければお名前を教えていただけませんか。今度,佐藤先生がこちらにいらっしゃる予定なので,お伝えしたいと思うのですが。」とおっしゃっていただきました。

 そのお気持ちが何よりも嬉しく,私は名刺とこのブログの紹介名刺をお渡ししました。

 ここ最近,新型コロナウイルスの関係で,チョコレートのイベント・講演会などでお会いする機会がない佐藤先生と,出雲の地でつながりを感じられるとは思ってもいませんでした。

 そして,店主さんの機転の効いたお取り計らいに感動しました。

 出雲は本当に縁結びのスポットなのだと実感した出来事でした。

 お店の皆さんに深くお礼申し上げ,お店を後にしました。


木綿街道とご縁電車しまねっこ号Ⅱ

 帰りに少しだけ,雲州平田駅周辺を観光しました。

(瑞穂大橋・斐伊川とレンタサイクル)
Photo_20210505163901

 スサノオノミコトの八岐大蛇(ヤマタノオロチ)伝説の舞台と伝えられる斐伊(ひい)川です。

 近くには多くの銅剣が出土した「荒神谷遺跡」もあります。

 それにしてもレンタサイクルの自転車は,「茶里旅(ちゃりたび)」と書かれた前かごと言い,バックミラーといい,いい味出してます。

 出雲市平田町は,かつて木綿の生産が盛んだったことから「木綿街道」と呼ばれる町屋の通りがあります。

(木綿街道・本石橋邸)
Photo_20210505164301

 老舗の醤油屋さん,酒屋さん,和菓子屋さんなどが軒を連ねています。

(來間屋生姜糖本舗)
Photo_20210505164302

 日本の生姜糖の元祖で,島根のお土産としても有名な「來間屋生姜糖」の本店もここ木綿街道沿いにあります。

(持田醬油店)
Photo_20210505164401

 木綿街道の醤油屋さんの1つ,持田醬油店です。

(みたらし団子(持田醤油店))
Photo_20210505164601

 持田醬油店のみたらし団子です。

 大きいお団子に,ほどよい甘さの醤油だれがたっぷりかかったみたらし団子です。

 雲州平田駅でレンタサイクルをお返しし,「ばたでん」で出雲市駅へ戻りました。

 帰りの列車で,雲州平田駅から川跡駅までの区間は「ご縁電車しまねっこ号Ⅱ」でした。

(ご縁電車しまねっこ号Ⅱ)
Photo_20210505164801

 ピンクのかわいい車両です。

(島根県観光キャラクター「しまねっこ」(ご縁電車しまねっこ号Ⅱ))
Photo_20210505164802

 「しまねっこ」がお出迎え。

(ご縁電車しまねっこ号Ⅱ車内)
Photo_20210505164901

 車内もピンク一色です。

 「もしかして女性専用車両?」と一瞬戸惑いました(笑)


 竹内まりやさん(島根県出雲市出身)の名曲「縁(えにし)の糸」の歌詞のとおり,いろんな人と出会い,物語が運ばれてくる魅力的な街でした。


<関連サイト>
 「La Chocolaterie Nanairo」(島根県出雲市斐川町坂田1934)
 「西製茶所」(島根県出雲市斐川町出西2720-1)

<関連記事>
 チョコレートの記事については,パソコン版サイト「食文化関連記事一覧表・索引」の「食文化事例研究」にある「チョコレートの研究」も御覧ください。

2021年1月 3日 (日)

新年の和菓子・花びら餅 -菱葩(ひしはなびら)・包み雑煮と花びら餅-

 新年の和菓子「花びら餅」。

 和菓子店などで年末から年始にかけて販売される季節菓子です。

 私はこの花びら餅が販売されているのを見かけるたびに,「なぜ花びら餅が新年のお菓子なのか」,「なぜお菓子にごぼうが使われるのか」,「なぜ花びら餅は高価なのか」といった疑問がありました。

 そこで今回の記事では,この花びら餅についてまとめ,疑問の解決を試みたいと思います。


餅と宮中行事「歯固めの儀」

 餅は,稲作を中心とする日本では,神に供え,神と人・人と人との和を保つ神聖な食べ物とされました。

 花びら餅は,歴史をさかのぼると,新年に行われた「歯固めの儀」と呼ばれる宮中行事に由来します。

 「歯固めの儀」は,餅,鮎(干し鮎・押し鮎(塩漬け鮎)),大根など硬いものを食べて歯の根を固め,齢(よわい)を固める,ひいては長寿を願うという行事でした。

 そのため,鏡餅のお飾りには,ゆずりは・鮎・大根・橘(たちばな)などが飾られました。

 この「歯固めの儀」で用いられた餅や鮎が,次に御紹介する「菱葩(ひしはなびら)」の食材につながることとなります。


菱葩(ひしはなびら)・包み雑煮と汁雑煮

 宮中で行われた新年の祝賀の際,天皇が参内した公家に持たせたのが「菱葩(ひしはなびら)」と呼ばれる餅です。

 菱葩は,紅白二枚重ねで二つ折りにした餅の中に干し鮎を挟んだもので,外側の白い丸餅は男性を,内側の小豆で染めた赤い菱形の餅は女性を表し,子孫繁栄の願いが込められていました。

 この菱葩を持ち帰った公家は,中の菱形の小豆餅だけを食べたようです。

 外側の白い丸餅は,内側の小豆餅を冷気に当てないための保温材として使われ,餅で餅を包むことにより,柔らかいままの小豆餅を食べることができたのです。

 そのため,菱葩は「包み雑煮」とも呼ばれました。

 一方で外側の硬くなった丸餅は,正月に本家にあいさつにあがる分家や御用人にお裾分けされたのですが,そのまま食べるには硬いため,総菜などと一緒に煮て食べられるようになりました。

 こうして「汁雑煮」の文化が生まれたのです。


菱葩・包み雑煮から花びら餅へ

 菱葩・包み雑煮は,やがて和菓子の世界で受け継がれることとなりました。

 餅は冷めるとすぐ硬くなるため,餅の代わりに「求肥(ぎゅうひ)」や「外郎(ういろう)」が用いられるようになります。
 「求肥」…もち米粉に砂糖や水を足しながら練り上げ,時間が経っても硬くならないよう仕上げたもの
 「外郎」…(もち)米粉に砂糖や水を足しながら練り上げ,蒸し固めたもの

 こうして,内側の赤い餅だけでなく,外側の白い餅もやわらかく美味しく食べることができるようになりました。

 また,餅に挟まれた干し鮎・押し鮎については,雑煮の具としても用いられたごぼうが代用されるようになりました。

 ごぼうはしっかり根を張ることから,「歯固めの儀」と同様,長寿を願うという意味も込められています。

 そして京都の白味噌仕立ての雑煮に由来した白味噌あんも用いられるようになりました。

 この菱葩に見立てたお菓子は,明治以降,茶道・裏千家の初釜で使われるようになり,現在へと受け継がれています。

 これが現在の「花びら餅」なのです。

 花びら餅は,京都の雑煮をお菓子に変化させたものと説明することもできるでしょう。


新年に花びら餅を味わう

 お正月に花びら餅をいただきました。

 広島の和菓子店の花びら餅を2つ御紹介したいと思います。

 1つめは,「御菓子所 平安堂梅坪」の花びら餅です。

(花びら餅(御菓子所 平安堂梅坪))
Photo_20210102221701

 半月型の餅菓子で,中の赤い菱形の餅が外の白い餅から透けて見えます。

 横一本の蜜漬けごぼうも良い香りがしました。

(花びら餅(中身)(御菓子所 平安堂梅坪))
Photo_20210102222101

 中には蜜漬けごぼう,鮮やかな朱色の餅,味噌入り白あんが入っています。

 やわらかい白餅と少し弾力のある赤餅,甘じょっぱい味噌入り白あん,ごぼうの香りと歯ごたえが,それぞれ絶妙に調和し,上品で雅なお菓子に仕上げられていました。


 続いて「御菓子所 高木」の花びら餅です。

(花びら餅(御菓子所 高木))
Photo_20210102222301

 搗きたてのようなやわらかい餅生地で,鮮やかな白色です。

 蜜漬けごぼうは半透明で,いただく前からごぼうの良い香りがしました。

(花びら餅(中身)(御菓子所 高木))
Photo_20210102222501

 白餅が赤餅を包み込み,赤餅が味噌あんを包み込んでいます。

 白味噌と白ゴマを用いた白味噌あんに特長があり,ごぼう・白味噌・白ゴマの持つ香りと美味しさを存分に楽しむことができました。


まとめ

 今回花びら餅についてまとめ,実際に味わったことで,冒頭の疑問がある程度解明できました。

 最初から甘いお菓子だったのだろうとの誤解から,お菓子にごぼうが使われることに違和感を感じたわけで,雑煮がお菓子に変化したことを理解していれば,ごぼうが入っていることに違和感はありません。

 また,花びら餅は他のお菓子に比べて少し値段が張ることも,それだけ手間暇かかるお菓子で,お茶席で供される「練り切り」などのお茶菓子と同格なのだと理解すれば納得できます。

 いずれにせよ,実際に買って食べてみれば,花びら餅の魅力や価値が一発でわかります。

 花びら餅はやはり,新年・お正月にふさわしい和菓子だと言えるのです。


<関連サイト>
 「御菓子所 平安堂梅坪」(本通店・広島市中区本通8-18 ほか)
 「御菓子所 高木」(十日市本店・広島市中区十日市町一丁目4-26 ほか)

<参考文献・メディア>
 松本栄文 監修「もちから知る日本人の米文化」(「Discover Japan」2020年5月号)
 岡田哲「食の文化を知る事典」東京堂出版
 あんこ事典監修 芝崎本実「あんこのことがすべてわかる本」誠文堂新光社
 NHK「にっぽん雑煮ジャーニー!」(Eテレ・2021年1月2日放送)

2020年11月25日 (水)

広島のレモン菓子・レモンケーキ15 -汐待亭の「揚げレモンケーキパフェ」と梅月堂の「すっぱい瀬戸田レモンケーキ」-

 しまなみ海道を渡り,広島県尾道市瀬戸田町を訪問しました。

 「しおまち商店街」を散歩していると,「汐待亭」の「揚げレモンケーキパフェ」というレモンスイーツの案内が目に留まりました。

(汐待亭)
Photo_20201123175701

(揚げレモンケーキパフェの案内(汐待亭))
Photo_20201123175201

 地元広島をはじめ,全国いろんなレモンケーキを味わってきましたが,「揚げレモンケーキ」というのは初めてです。

 興味を持ってお店に入りました。

 古民家風のカフェで,店内には私が好きな「My Favorite Things」など,落ち着いた感じのジャズが流れていました。

 私は早速,「揚げレモンケーキパフェ」を注文しました。

(揚げレモンケーキパフェ)
Photo_20201123180001

 生クリーム,バニラアイス,チョコレートソフト,シリアル,チョコレートソースなどのパフェに,揚げたてのレモンケーキがのせられていました。

(揚げレモンケーキの中身)
Photo_20201123180002

 揚げレモンケーキの中には,レモンの酸味が効いたレモンソースが入っていました。

 ケーキ生地はドーナツ(オールドファッション)のような食感・風味に変化していました。

 クリームとサクサクに揚げたレモンケーキの組合せは抜群でした。

 お店の方に「『揚げレモンケーキ』とは珍しいですね」とお話しすると,「近くの和洋菓子店『梅月堂』さんとのコラボレーション企画で,そのお店のレモンケーキを使わせていただいてます」と教えてくださいました。

 そこで今度は,耕三寺前にある和洋菓子店「梅月堂」を訪問しました。

 お店の方に「汐待亭」で揚げレモンケーキを味わったことをお話しすると,こちらのお店にも揚げレモンケーキの案内があると教えてくださいました。

(揚げレモンケーキの案内(梅月堂))
Photo_20201123180801

 揚げレモンケーキには,プレーンとシナモンシュガーの2種類があるようです。

 シナモンシュガーは,揚げた食感・風味がドーナツに似ているからでしょう。

 お店には「瀬戸田レモンケーキ」と「すっぱい瀬戸田レモンケーキ」の2種類のレモンケーキが販売されていました。

(瀬戸田レモンケーキとすっぱい瀬戸田レモンケーキ(包装))
Photo_20201125191601

 揚げレモンケーキには「すっぱい瀬戸田レモンケーキ」が使われているとのことです。

(瀬戸田レモンケーキとすっぱい瀬戸田レモンケーキ)
Photo_20201123181301

 小ぶりでかわいいレモンケーキです。

 レモンチョコのコーティングはありません。
(レモンチョコがかかっていれば,それを揚げるという発想はないでしょうから…(笑))

(瀬戸田レモンケーキとすっぱい瀬戸田レモンケーキ(中身))
Photo_20201123181302

 「瀬戸田レモンケーキ」にはマロングラッセが,「すっぱい瀬戸田レモンケーキ」にはレモンジャムが入っており,これだけでも珍しいレモンケーキです。

 地元のお店同士のコラボレーションにより,今までにない魅力的なスイーツが開発されていました。

 瀬戸田では,いろんなお店からレモンを使った商品が販売されています。

 商店街に手作りのレモン旅マップが掲示されていました。

(瀬戸田レモン旅マップ)
Photo_20201123182701
 ※画像をクリックすると拡大します。

 レモンケーキ,レモンパウンドケーキ,レモン酒ケーキ,レモンクッキー,レモンかりんとう,レモン饅頭,レモン大福,レモンせんべい,レモンソフト,レモンジェラート,レモンジュレ,塩レモン手羽先,レモンからあげ,レモンラーメン,レモンうどん,レモンパスタ,レモン鍋,瀬戸内レモン丼,レモンドレッシング,レモンポン酢,はちみつレモン,レモン醤油,塩レモン,レモネード,レモンスカッシュ,レモンソーダ,レモンコーラ,レモンサワー,レモンビール,レモン地酒…瀬戸田のほんの限られた地域ですが,レモンの食べ物・飲み物がいっぱいあります。


 いろんなお店を訪問し,お話を伺うことで,とても楽しいレモン旅ができました。


<関連サイト>
 「cafe&bar 汐待亭」(広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田425)
 「梅月堂」(広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田546)
 「レモンのお菓子」(「chibiaya日記」)
  埼玉県在住のchibiayaさんが,関東で販売されているレモンケーキを中心に,レモンケーキの情報を詳しく紹介されています。

<レモンケーキ関連記事>
 「食文化関連記事一覧表・索引」の「食文化事例研究」にある「レモンケーキ・レモン菓子」を御参照ください。

2020年9月 9日 (水)

クルーズフェリー船内でレモンケーキを味わう -シーパセオの廣島檸檬ケーキ・レモネード・軽食・パフェ,サンイートのレモンケーキ-

広島港・呉港と松山港を結ぶクルーズフェリー「シーパセオ」

 広島港・呉港と松山港を結ぶフェリーに,新しいクルーズフェリーが導入されました。

 2019年8月に就航した「シーパセオ」と2020年8月に就航した「シーパセオ2」です。

 この船のデザインコンセプトは「瀬戸内海の移動を楽しむ,みんなの公園」で,乗船するだけでも楽しめるクルーズフェリーです。

 私も「いつか乗船してみたい」と思っていました。

 そんなある日,このシーパセオ限定のオリジナルスイーツ・ドリンクがあることを知りました。

 シーパセオ限定の「廣島檸檬ケーキ」と「レモネード」です。

 この日以来,私は「いつか乗船してみたい」から「どうしても乗船したい」という気持ちに変わりました(笑)

 そこで夏季休暇を利用し,シーパセオ限定のオリジナルレモンケーキを味わうことを1番の目的に,広島からシーパセオに乗って松山へ行ってきました。


自転車でシーパセオに乗船

 2020年8月の早朝,通勤用の自転車に乗り,広島市南区の自宅から宇品旅客ターミナル(広島港)へ行きました。

 出発時刻が近づくと,桟橋にシーパセオがやってきました。

(シーパセオ(広島港))
Photo_20200905152601

 シーパセオの係留のため,綱取りをされている様子です。

 これからこのシーパセオに乗船するのかと思うとワクワクしました。

 そして思ったのです。

 「さらなる思い出を作るため,私の自転車もそのままフェリーに載せて松山市内へ行ってみよう」

 切符売り場で手続きを済ませ,自動車の後を追うように自転車でシーパセオに乗船しました。
 ※乗船料+500円でフェリーに自転車を積みこむことが可能です。

(車両甲板に駐輪した自転車)
Photo_20200905153701

 車両甲板で,船の乗務員さんが私の自転車をロープで固定してくださいました。

 そして私は2階の客室へ上がりました。


シーパセオ船内の様子

(リラックスシート)
Photo_20200905153901

 客室内がとても豪華な作りとなっています。

(売店・軽食コーナー)
Photo_20200905154101

 レモンケーキを求めて乗船したこともあり,やはり売店・軽食コーナーが気になりました。

 お土産・オリジナルグッズコーナーも併設されています。

(お土産・オリジナルグッズコーナー)
Photo_20200905154201

 シーパセオのオリジナルグッズのほか,広島・愛媛のお土産品も販売されています。

(リフレッシュ・ラウンジ)
Photo_20200905154401

 こちらは売店・軽食コーナーに隣接するリフレッシュ・ラウンジです。

 ここで軽食を楽しむことができるのですが,照明が明るい暖色系のライトとなっており,食事を美味しくいただける工夫がなされています。

(KOAGARI(こあがり)エリア)
Koagari

 船内には靴を脱いでリラックスして過ごせるエリアも多く設けられています。

 続いて3階へ上がってみました。

(シャインデッキ)
Photo_20200905155301

 船全体が公園のような感じで,公園を散歩する感覚で楽しめました。


シーパセオの肉うどん

 朝早くから行動し,お腹が空いたので朝食に肉うどんをいただきました。

(肉うどん)
Photo_20200905155801

 うどんはコシがあり,甘辛のつゆで,具の牛肉もたっぷりでした。


シーパセオ限定・廣島檸檬ケーキとレモネード

 広島港を出航してしばらくすると呉港(呉中央桟橋)へ着きました。

(呉中央桟橋・大和ミュージアム)
Photo_20200905160001

 呉を出航してしばらくして,私は売店・軽食コーナーで「廣島檸檬ケーキ」と「レモネード」を注文しました。

 せっかくなので,3階のシャインデッキでいただきました。

(廣島檸檬ケーキとレモネード(しお風のガゼボ ))
Photo_20200905161801

 レモンケーキもレモネードも「SEA PASEO」オリジナルマーク付きです。

(廣島檸檬ケーキとレモネード(音戸大橋・第二音戸大橋))
Photo_20200905161802

 写真手前の赤いアーチ橋が「第二音戸大橋」,写真奥の赤いアーチ橋が「音戸大橋」です。

 レモネードにのせられたレモンシャーベットが暑さでどんどん溶けていったので(笑),席に着いていただくこととしました。

 「レモネード」は,レモンの酸味が効いた甘い炭酸水に,レモンシャーベットを浮かべたオリジナルドリンクでした。

 「廣島檸檬ケーキ」はケーキ生地にレモンシロップをたっぷり含ませたオリジナルケーキです。

(廣島檸檬ケーキ)
Photo_20200905161901

 ケーキ生地にはレモンピールもザクザク練り込まれています。

 しっとり柔らかいケーキ生地で,甘いレモンシロップと酸味の効いたレモンピールがアクセントになった,レモン風味豊かなレモンケーキでした。

 海を眺めながらいただいたレモネード・レモンケーキは最高でした。

 再び席に戻り,海の景色を眺めたり,うたた寝したりしていると,松山港(松山観光港)に到着しました。

 私は自動車の運転手とともに車両デッキへ降り,自動車の後について自転車で下船しました。


自転車で松山観光

 ついに私の自転車は広島県を越え,愛媛県まで進出しました(笑)

 松山観光港へは何度か来た事があるので,ここから松山市街地までかなり距離がある(約10kmある)ことは理解していたのですが,実際に自転車で移動してみると,思っていたより大変でした。

 真夏の炎天下で日よけのためとは言え,平日に真っ赤なカープの帽子にマスクをしてママチャリで走るいい歳をした男というのは,怪しさ満点です(笑)

(伊予鉄道高浜線)
Photo_20200905162801

 普段見慣れない電車を見ると興奮し,しばし移動の疲れを忘れさせてくれました。

 頑張って自転車をこぎ,まずは松山市中心部の商店街「大街道(おおかいどう)」へ行きました。

 大街道で食事・お土産購入を済ませた後,せっかくなので道後温泉街まで行きました。

(伊予鉄道市内電車と自転車(道後温泉駅))
Photo_20200905163301

 自動車や電車では何度も来ている道後温泉ですが,普段使いの自転車で来ると一味違った達成感と面白さがありました。

(坊っちゃん列車)
Photo_20200905163401

 お店でお土産を買った際,お店の方に私が広島から自転車で来たことをお話しすると,「えっ,えーっ?」とかなり驚かれたのが印象的でした(笑)

 この後,再び市街地(銀天街・松山市駅など)へ行きました。

 銀天街に「サンイート」というパン屋さんがあり,ケーキのショーケースにレモンケーキがあったので,購入しました。

(サンイート銀天街店ショーケース)
Photo_20200906102601

 ショートケーキ形のレモンケーキが1個150円です。安さに驚きました。

 このレモンケーキを購入し,帰りの船内でいただくこととしました。

 夕方発のフェリー便に合わせて,再び約10km,途中迷いながら1時間以上かけて自転車で松山観光港に戻りました。


シーパセオの「ひきなみパフェ」とサンイートの「レモンケーキ」

 帰りのフェリーもシーパセオに乗船しました。

(シーパセオ(松山観光港))
Photo_20200905164101

 出航してしばらくして,シーパセオのオリジナルスイーツ「ひきなみパフェ(チョコレート)」を購入しました。

(シーパセオ ひきなみパフェ(チョコレート))
Photo_20200906095401

 せっかくだからと2階の野外席へ持って行って写真撮影したのですが,暑くて強い海風が容赦なくパフェに襲いかかり,みるみる間にチョコレートソフトが溶けていきました…。

(シーパセオ ひきなみパフェ(坊っちゃん団子とブラウニー))
Photo_20200906095501

 パフェは,チョコレートソフトクリーム,坊っちゃん団子,コーンフレーク,チョコブラウニーで構成されていました。

 このあと,3階の「しお風のガセボ」で,銀天街「サンイート」で購入したレモンケーキをいただきました。

(レモンケーキ(サンイート))
Photo_20200906101701

 しっとりしたスフレチーズケーキのようなケーキ生地で,ケーキの底にはレモンピールがたくさん入っており,レモンの酸味・風味もしっかり味わえました。


廣島檸檬ケーキ(シーパセオのお土産)

 シーパセオ乗船の記念に,お土産用の「廣島檸檬ケーキ」(3個セット)も購入しました。

(廣島檸檬ケーキ(お土産用))
Photo_20200906102801

 化粧箱入りです。

 包装は濃紺に金のラインが入ったシーパセオのデザインとなっています。

(廣島檸檬ケーキ(お土産用)と瀬戸内海)
Photo_20200906102901

(廣島檸檬ケーキ(お土産用中身)と瀬戸内海)
Photo_20200906103101

 個包装にもシーパセオのデザインが施されているので,1個ずつお土産として配っても喜ばれると思います。


まとめ

 広島港・宇品旅客ターミナルに着き,再び自転車に乗って自宅へ帰りました。

 近所へ遊びに行く感覚で,広島から松山までママチャリで日帰り旅行をしました。

 自粛ムードが続くなか,こういうプチ旅行も楽しめることがわかりました。

 船に乗り,穏やかな瀬戸内海を眺めながら瀬戸内のレモンケーキをいただくと,ひと味違った贅沢な気分を味わえますよ。


<関連サイト>
 瀬戸内海汽船「SEA PASEO(シーパセオ)
 「レモンのお菓子」(「chibiaya日記」)
 chibiayaさんが,関東で販売されているレモンケーキを中心に,レモンケーキの情報を詳しく紹介されています。

<関連記事>
 「新幹線車内でレモンケーキを味わう -山陽新幹線・東北・北海道新幹線・さかたやのレモンケーキ-

2020年8月21日 (金)

広島のレモン菓子・レモンケーキ14 -しまなみレモンバイク・瀬戸田レモンケーキ・瀬戸田レモネード・瀬戸内レモン丼-

SHIMANAMI LEMON BIKE(しまなみレモンバイク)

 JR西日本のおでかけガイド「西Navi 2020.8月号」に,「SHIMANAMI LEMON BIKE(しまなみレモンバイク)」の特集がありました。

 「しまなみレモンバイク」はレモンをイメージした黄色い自転車で,この自転車に乗って広島県尾道市と愛媛県今治市を橋で結ぶ「しまなみ海道」をサイクリングしませんかという記事です。

 神戸松陰女子学院大学の学生メンバーによる「乗って楽しい・写真を撮りたくなる自転車を」という提案を受け,JR西日本と尾道の自転車メーカー「BETTER BICYCLES」とのコラボレーションで今年(2020年)に誕生したオリジナル自転車のようです。

 これは楽しい企画だと思った私は,夏季休暇を利用して尾道へ向かいました。

 尾道駅から徒歩で駅前桟橋へ,駅前桟橋から高速船で瀬戸田港へ行き,瀬戸田の店舗で「しまなみレモンバイク」をお借りすることにしました。

 尾道駅前桟橋に係船されていたサイクルシップ「ラズリ」です。

(サイクルシップ ラズリ(前方))
Photo_20200817192401

 「ラズリ」は自転車を積んで移動できる高速船で,土日祝限定便です。

(サイクルシップ ラズリ(後方))
Photo_20200817192501

 私が訪問した日は平日だったので,「シトラス」という高速船を利用しました。

(シトラス(前方))
Photo_20200817192502

 柑橘色の高速船で,尾道~因島~佐木島~瀬戸田を結びます。

(シトラス(後方))
Photo_20200817192503

 シトラスで,いざ,瀬戸田へGO!

 このシトラスも自転車を積むことができます。

(シトラスと自転車)
Photo_20200817193001

 この時は乗客が多かったこともあるのですが,ちょっと詰め込み過ぎのような気も…(笑)

 瀬戸田港に着き,私は桟橋の目の前にある「しまなみロマン」というお店で「しまなみレモンバイク」をお借りしました。
(電話での事前予約がおすすめです。)

(しまなみロマン)
Photo_20200817193101

 こちらのお店にはレモンの料理もたくさん用意されているようだったので,帰りに味わってみようと思いました。

 レンタサイクルの手続きを済ませ,瀬戸田(生口島)の海沿いを走って,広島県と愛媛県の県境にかかる多々羅大橋を目指しました。

 途中,多々羅大橋が見える場所で「しまなみレモンバイク」を撮影しました。

(しまなみレモンバイクと多々羅大橋全景)
Photo_20200817193301
 ※画像をクリックすると拡大します。

 これが「しまなみレモンバイク」です。

 全体がレモン色のかわいい自転車です。

 タイヤはレモンの中ワタをイメージしたオフホワイトに仕上げてあります。

 7段ギアが付いているので,橋の上り下りなども楽々でした。

 多々羅大橋近くの「レモン谷」で瀬戸田の「エコレモン」の案内板を見つけました。

(レモンアイランド案内板)
Photo_20200817193501

 瀬戸田は国産レモン発祥の地で,「レモンアイランド」と呼ばれているそうです。

 レモンの実がついたレモンの木も見かけました。

(レモンの木)
Photo_20200817193601

 さらに走ると,国産レモン発祥の地の石碑とレモンのベンチが設置されたスポットがありました。

(しまなみレモンバイクと国産レモン発祥の地の石碑)
Photo_20200817193701

 多々羅大橋をバックにしたこのスポットは,有名な記念撮影スポットでもあります。

 行く先々で,私が乗る「しまなみレモンバイク」は他のサイクリストから注目の的でした。

 多々羅大橋に着き,記念撮影をしました。

(多々羅大橋としまなみレモンバイク)
Photo_20200817193801

 自動車では何度も多々羅大橋を渡ったことがありますが,自転車は今回が初めてでした。


Blue Greenのレモンケーキとレモネード

 多々羅大橋を折り返し地点に,再び瀬戸田港へ向かって自転車を走らせました。

 途中,「瀬戸田サンセットビーチ」・垂水港の近くで気になるのぼり旗を見つけました。

(瀬戸田レモン ドリンク&ケーキのぼり旗(Blue Green))
Photo_20200817194101

 「瀬戸田レモン ドリンク&ケーキ」
 しまなみレモンバイクに乗った私は吸い込まれるようにこのカフェへ寄りました。

 軽食(予約制)とドリンク・スイーツのお店で,レモンのドリンク・スイーツは,レモネード・レモンスカッシュ・レモンケーキがありました。

 私はアイスレモネードとレモンケーキのセットをお願いしました。

(アイスレモネードとレモンケーキ)
Photo_20200821193601

 アイスレモネードもレモンケーキも,地元瀬戸田のレモンが使われています。

 アイスレモネードは,そのままだとレモン果汁のみで酸っぱいので,甘いシロップを注いで甘さを調整しました。

 サイクリングで汗だくになった体を,冷たくさわやかなレモネードが癒してくれました。

(レモンケーキ)
Photo_20200817194202

 レモンケーキはパウンドケーキのような四角いケーキで,表面には細長く刻まれたレモンピールが,ケーキ生地の中には大きめの角に刻まれたレモンピールがたくさんありました。

 しっとりとした食感で,手作りレモンピールがふんだんに使われたレモン風味豊かなレモンケーキでした。

 「瀬戸田レモン」と「瀬戸内レモン」の違いについてお店の方にお話を伺うと,「瀬戸田が国産レモン発祥の地で,のちにレモン栽培が瀬戸内地方全般に広まっていき,『瀬戸内レモン』と呼ばれるようになったのでは」とのことでした。

 瀬戸田の人々はプライドを持って「瀬戸田レモン」と呼んでおられるのだろうなと思いました。

 リフレッシュできたところで,自転車で「しまなみロマン」まで戻りました。


瀬戸内レモン丼

 「しまなみロマン」で自転車をお返しした後,期待していたレモン料理をいただきました。

 「塩レモン唐揚丼」,「レモンポーク丼」,そしてその両方を味わえる「瀬戸内レモン丼」とあったので,私は「瀬戸内レモン丼」を注文しました。

(瀬戸内レモン丼)
Photo_20200817195701

 瀬戸内レモン丼とお吸い物,漬物のセットです。

 写真右上の黄色いコースターもレモンの輪切りをイメージしたもので,冷水もレモンを入れたレモン水でした。

(瀬戸内レモン丼(拡大))
Photo_20200817195702

 瀬戸内レモン丼は,具の半分が塩レモン唐揚(写真の丼の上半分),残り半分がレモンポークの焼肉(写真の丼の下半分)で,中心に輪切りのレモンがのせられています。

 輪切りのレモンが「しまなみレモンバイク」の車輪のようです(笑)

 塩レモンの下味を付けた鶏の唐揚げは,レモンの酸味が効いて,唐揚げをさっぱりさわやかにいただくことができました。

 塩レモンと唐揚げの相性は抜群でした。

 一方,愛媛・岩城島のレモンを食べて育ったブランド豚「レモンポーク」を焼いたレモンポークの焼肉も絶品でした。

 レモンポークは柔らかくてジューシーな肉とコク・甘味のある脂身が特長です。

 今回の焼肉は,厚めにスライスした肉を,塩・こしょう,レモン汁というシンプルな味付けで調理したものでしたが,これが一番美味しくいただける調理法だと思いました。


まとめ

 私はこれまで「しまなみ海道」沿いの観光地を訪問する際は,自動車しか利用したことがありませんでした。

 今回初めて,尾道駅から高速船やレンタサイクルを利用してしまなみ海道の一部を周遊したわけですが,徒歩や自転車で周遊すると,自動車では見過ごしてしまうような風景や施設・お店が発見出来たり,気になるスポットにちょっと立ち寄ってみることが出来たり,サイクリスト・観光客同士の出会いがあったりと,自動車とは異なった大きな魅力があることがわかりました。

 実際,今回御紹介したレモンケーキ・レモネード,瀬戸内レモン丼などは訪問先で初めて知ったものばかりです。

 皆様も御興味があれば,しまなみ海道でサイクリングをお楽しみください。

 きっと新たな発見・出会いがあり,思い出深い旅になることでしょう。


<関連サイト>
 せとうちパレットプロジェクト「SHIMANAMI LEMON BIKE」(「JRおでかけネット」JR西日本)
 「Blue Green(ブルーグリーン)」(広島県尾道市瀬戸田町垂水1720-1)
 「しまなみロマン」(広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田214-1)
 「レモンのお菓子」(「chibiaya日記」)
  chibiayaさんが,関東で販売されているレモンケーキを中心に,レモンケーキの情報を詳しく紹介されています。

<参考文献>
 JR西日本「西Navi」(2020.8月号)

<レモンケーキ関連記事>
 「食文化関連記事一覧表・索引」の「食文化事例研究」にある「レモンケーキ・レモン菓子」を御参照ください。

2020年8月14日 (金)

日本各地のレモン菓子・レモンケーキ5 -五感の檸檬燦とサロンドロワイヤル京都のシトロンドーム-

 日本各地で売られているレモン菓子・レモンケーキを御紹介します。

 今回は関西編。大阪と京都のレモンケーキを御紹介したいと思います。


五感(GOKAN)「檸檬燦」

 大阪市北浜に本店がある洋菓子店「五感(GOKAN)」の「檸檬燦(れもんさん)」です。

(五感「檸檬燦」(包装))
Photo_20200814104501

 和のレモンケーキを感じさせるデザインの包装です。

(五感「檸檬燦」)
Photo_20200814104502

 サイズは横約8cm,幅約5cm,高さ約3.5cmで,やや大きめです。

 瀬戸内海・岩木島(愛媛県越智郡上島町)産のレモン「いわぎレモン」と大阪府千早赤阪村のハチミツが使用されているのが特長です。

 かなり厚みのあるレモンチョコが表面にコーティングされています。

(五感「檸檬燦」(中身))
Photo_20200814104503

 ケーキ生地はやわらかいマドレーヌのような仕上がりとなっています。

 細かいレモンピールも練り込まれています。

 分厚くコーティングされたレモンチョコに強いレモンの酸味・風味を感じるレモンケーキでした。


 「五感(GOKAN)」(大阪・北浜本館,梅田阪急店ほか)


サロンドロワイヤル京都(Salon de Royal Kyoto)「シトロンドーム」

 京都市中京区,御池通りを少し上がった木屋町通りにあるチョコレート・洋菓子店「サロンドロワイヤル京都(Salon de Royal Kyoto)」のレモンケーキ「シトロンドーム」です。

 カフェが併設されたチョコレートのお店ということで,私はカフェ利用で訪問したのですが,店内でレモンケーキも販売されていたので,喜んで購入しました。

(サロンドロワイヤル京都「シトロンドーム」(包装))
Photo_20200814105301

 シンプルに「Salon de Royal Kyoto」と書かれた包装です。

 「シトロンドーム」というおしゃれなネーミングのレモンケーキは初めてです。

(サロンドロワイヤル京都「シトロンドーム」)
Photo_20200814105302

サイズは横約6.5cm,幅約5cm,高さ約3cmです。

白いレモンチョコが,底を含めてケーキ生地全体にコーティングされています。

(サロンドロワイヤル京都「シトロンドーム」(中身))
Photo_20200814105303

 チョコレートが売りのお店だからか,レモンチョコが厚めにコーティングされています。

 みっしり,しっかりと詰まったケーキ生地です。

 大きめのレモンピールもたくさん練り込まれており,レモンの風味・酸味をよく感じられるレモンケーキでした。

 こちらのお店は鴨川沿いにあり,夏は鴨川を間近に眺めながら飲食を楽しめる「納涼床(川床)」もあります。

 私は夏の暑い日に納涼床で熱々の「ショコラショー」(ホットチョコレート)をいただくという面白い経験をしましたが(笑),気軽に納涼床を楽しめるお店として利用されるのも良いかと思います。

 レモンケーキと一緒にお土産として購入したピーカンナッツチョコレートも,皆さんにとても好評でした。


 「サロンドロワイヤル京都」(京都市中京区木屋町通り御池上ル上樵木町502)


 以上,レモン菓子・レモンケーキを購入される際の参考になれば幸いです。


<関連リンク>
 「レモンのお菓子」(「chibiaya日記」)
 chibiayaさんが,関東で販売されているレモンケーキを中心に,レモンケーキの情報を詳しく紹介されています。

<レモンケーキ関連記事>
 「食文化関連記事一覧表・索引」の「食文化事例研究」にある「レモンケーキ・レモン菓子」を御参照ください。

2020年7月10日 (金)

日本各地のレモン菓子・レモンケーキ4 -モロゾフ「ファヤージュ・瀬戸内レモン」・「グラスオショコラ・瀬戸内レモン」-

 日本各地で売られているレモン菓子・レモンケーキを御紹介します。

 今回はチョコレートやプリン,焼菓子などで有名な「モロゾフ」のレモン菓子を御紹介したいと思います。


モロゾフ「ファヤージュ・瀬戸内レモン」・「グラスオショコラ・瀬戸内レモン」

 広島市内のモロゾフのお店で,瀬戸内レモンを使ったお菓子が販売されていました。

 季節限定商品「ファヤージュ・瀬戸内レモン」と「グラスオショコラ・瀬戸内レモン」です。

(モロゾフ「ファヤージュ・瀬戸内レモン」(包装))
Photo_20200705220501

 モロゾフのロングセラー商品「ファヤージュ」シリーズ。

 フランス語で「木の葉」を意味する焼菓子です。

 箱の「瀬戸内レモン」に惹かれ,購入しました。

 ちょっとした贈り物にも良さそうです。

 あわせて,同じお店のアイスクリームコーナーにあった「グラスオショコラ・瀬戸内レモン」も購入しました。

(「ファヤージュ・瀬戸内レモン」と「グラスオショコラ・瀬戸内レモン」)
Photo_20200705220502 

 写真左側が「グラスオショコラ・瀬戸内レモン」の包装とアイスを半分に切ったもの,写真右側が「フィアージュ・瀬戸内レモン」を半分に切ったものです。


 「フィアージュ・瀬戸内レモン」は,スライスナッツをのせた木の葉形の薄い2枚のクッキーでレモンチョコをはさんだ焼菓子です。

 ナッツたっぷりの香ばしくてサクサクの薄焼きクッキーに,酸味の効いたレモンチョコがアクセントとなっています。

 アイスクリームに使われるサクサクのシュガーロールコーン(「ジャイアントコーン」や「セブンティーンアイス」などに使われる甘くてサクサクのアイスクリームコーン)にスライスナッツをまぶし,レモンチョコをはさんだらこのお菓子に近づくと思います。


 「グラスオショコラ・瀬戸内レモン」はチョコレートでコーティングされた一口アイスで,中にレモンソースが入っています。

 レモンソースにレモンの風味・酸味が凝縮されている,甘酸っぱいアイスクリームです。

 1個が税込33円(本体価格30円)ということで,瀬戸内レモン以外にも,いろんなアイスクリームを買って美味しくいただきました。
 ※持ち帰りの際はドライアイスを入れていただけます。


 以上,レモン菓子・レモンケーキを購入される際の参考になれば幸いです。


<関連リンク>
 「モロゾフ
 「レモンのお菓子」(「chibiaya日記」)
  chibiayaさんが,関東で販売されているレモンケーキを中心に,レモンケーキの情報を詳しく紹介されています。

<関連記事>
 「ロシア革命と日本のバレンタインチョコレート -神戸・御影のバレンタイン広場訪問-

<レモンケーキ関連記事>
 「食文化関連記事一覧表・索引」の「食文化事例研究」にある「レモンケーキ・レモン菓子」を御参照ください。

2020年6月 5日 (金)

トマトとナスのキーマカレー -簡単で本格的なカレーの作り方・カレーの基本的なルールとコツ-

 私は暑い季節にはよくカレーを作ります。

 そしてカレーの材料には玉ねぎ,ナス,トマト(水煮)を使うことが多いです。

 その理由は,
(1)ナスは暑い季節に大量に安く手に入る
(2)ナスやトマトにたっぷり含まれる水分をそのままカレーに生かせる
(3)ジャガイモや人参など根菜類に比べ,煮込み時間が少なくてすむ
(4)炒めた玉ねぎやトマト(水煮)が甘味・とろみのベースになる
(5)食材をすべて一度に使い切ることが出来る
からです。

 今回,「料理王国(2020年6・7月号)」の特集「クラフトカレーの極め方」でカレー研究家の水野仁輔さんが紹介されていたカレーの作り方を学び,今まで何となく作っていたカレーをブラッシュアップさせることが出来ました。

 そこで,今回は私の作ったカレーのレシピと,美味しいカレーを作るための基本的なルール・コツを御紹介したいと思います。


トマトとナスのキーマカレーのレシピ

<材料(4人分)>
トマト(水煮)…400g
ナス…2~3本(1袋分)
玉ねぎ…1個
挽き肉(牛肉など)…180g
にんにく…1片
生姜…1片
油…適量
水…1カップ程度
カレー粉…大さじ1~2杯
食塩…適量
こしょう…適量
唐辛子(粉末)…適量

ポイント1
 材料の分量は細かく考えなくても,トマト(水煮)を1パック(1缶),2~3本入りのナスを1袋,玉ねぎを1個,挽き肉を200g前後と,普通に販売されている「1単位ごと」で用意すればよいです。

ポイント2
 トマト(水煮)はデルモンテの「完熟あらごしトマト」がおすすめです。
 トマト(水煮)缶はそのまま使うと酸味が強すぎるものが多いのですが,この商品は酸味が少ないので,気にせず使えます。
 「ホールトマト」や「カットトマト」よりも「あらごしトマト」の方が,細かい分,仕上がった時の酸味が少ないです。これを1箱使い切ります。

ポイント3
 スパイスは,クミン,ターメリック,コリアンダーを中心に使えばカレーになります。
 自分で考えながらスパイスを調合した方が自分好みのカレーが作れますが,今回は市販のカレー粉を使って簡単に作ります。
 ちなみに私は「インディアンカレーパウダー」をよく使います。
 このカレー粉はスパイスがバランス良く調合され,使いやすいです。

(デルモンテのあらごしトマトとインディアンカレーパウダー)
Photo_20200531181001


<作り方>
1 玉ねぎ・にんにく・生姜はみじん切りに,ナスは一口大に切っておく
2 フライパンに油を注いで中火で熱し,にんにくと生姜を炒める
3 続いてフライパンに玉ねぎと玉ねぎがひたひたになる程度の水を加え,ふたをして強火でしばらく蒸し煮する
4 玉ねぎが柔らかくなったらふたを開け,水分を飛ばしながら,中火で玉ねぎが褐色に色づくまで炒める
5 玉ねぎにカレー粉と挽き肉を加え,数分炒めて香り付けをする
6 トマト(水煮)を1/3程度入れて中火で加熱し,トマトの甘味と旨味を凝縮させる感じで水分を飛ばす。これを3回繰り返し,ペースト状にする(「カレーの素」が完成)
7 大きな鍋にフライパンで作った「カレーの素」,ナス,そして少量の水(200ml程度)を入れ,ふたをして中火でしばらく煮込む。鍋が焦げ付かないよう,時々中身をかき混ぜる(15~20分程度)
8 塩,こしょう,唐辛子などで味を調え,完成。

ポイント4
(レシピ3・4)
 玉ねぎをいかに早く褐色化(メイラード反応・カラメル化)させて風味と甘味を引き出すかが,カレー作りの大きなポイントです。
 カレー研究家の水野仁輔さんは「料理王国」の紙面で,「玉ねぎを水と油で蒸し煮・蒸し焼きにすることで素早く玉ねぎの甘味やとろみを出すことができた。仕上がる頃には玉ねぎの形も残らないので,玉ねぎを細かく切る必要もなくなった」とおっしゃってますが,このお考えを参考にしました。

ポイント5
(レシピ6)
 トマトの水煮を全量一度に加えて煮込んでもよいのですが,「しっかり脱水してしっかり加水するのと,中途半端に脱水して少なく加水するのは,同じ量になるけれど,前者の方がおいしくなる(水野仁輔さん談)」ことは確かで,徐々にトマトの水分を飛ばすことで,トマトの甘味が増します。

ポイント6
(レシピ7)
 ナスからかなりの水分が出るので,最初から大量の水を加えず,ナスが煮えたところで,水を加えてとろみを調整してください。
 小麦粉のルーを使わないので,加水が多いとゆるゆるのカレーになります。
 あまり水を加えず,野菜の水分を生かして作るイメージで。

ポイント7
(レシピ8)
 最後の味の決め手はやはり「塩」です。味を確かめながら,少しずつ加えてください。


トマトとナスのキーマカレー

 完成したカレーがこちらです。

(トマトとナスのキーマカレー)
Photo_20200601202401

 とろみがあって,玉ねぎとトマトの濃縮された甘味と旨味が味わえるカレーになりました。

 野菜本来の甘味が強く出るので,辛いカレーがお好きな方は唐辛子を多めに加えるとよいでしょう。

 玉ねぎを蒸し煮し,炒めたことにより,カレーにとろみと甘味が出ました。

 またトマトの水分を徐々に飛ばして濃縮させたことにより,鮮やかなトマトの赤色,トマトの持つうまみ・甘味を引き出すことが出来ました。

 ブイヨンを使わなくても,挽き肉から十分な旨味と油脂によるコクが出ます。

 市販されている単位で購入し,それらの材料を一度で使い切ることが出来るのも,このカレーの大きなメリットです。

 カレーに使うスパイスも,「クミン」が香りの,「ターメリック」が黄色い色付けの,「コリアンダー」が全体の調和の働きをすることさえ知っておけば,最低限この3種だけでもカレーを作ることが出来ます。(あとのスパイスは,その特徴を知った上で,お好みで足せばよいのです。)

 カレーは,調理の基本的なルールと食材・スパイスの特徴をきちんと理解しておけば,レシピに頼らず自分で考えて作ることが可能です。

 カレーの本場,南アジアの人々も,そうした基本ルールと特徴を理解した上で,嗜好やその日の体調に合わせて様々なカレーを作っておられるようです。

 このとおりのレシピでなくても,この記事を参考にカレー作りにチャレンジしていただけたら嬉しいです。


<参考文献>
 「料理王国 2020 6・7月号(クラフトカレーの極め方)」CUISINE KINGDOM

2020年3月28日 (土)

広島のレモン菓子・レモンケーキ13 -ウィークエンドシトロン・トリプルピールベーグル・ヴィクトリアケーキ-

 広島市安佐南区川内にあるベーグル・焼菓子店「BONO BAKE(ボノベイク)」。

 ベーグルを中心に,マフィンや焼菓子,ジャムなどを販売されているお店です。

 今回はレモンや八朔など,広島ならではのお菓子・ベーグルを購入してみました。


ウィークエンドシトロン

 アイシングがたっぷりかかったウィークエンドシトロンです。

(ウィークエンドシトロン)
Photo_20200328155901

 このウィークエンドシトロンの特長は,しっかり丁寧に焼き上げられていることと,アイシングにレモンの酸味が効いていることです。

 「他店のウィークエンドシトロンのアイシングと比べ,レモンの酸味がしっかり効いている」という感想をいただいたこともあるそうです。

 しっかり詰まったケーキ生地に,レモンの酸味が効いたアイシングがよく合いました。


トリプルピールベーグル

 3種類の柑橘のピール(黄レモン・青レモン・オレンジ)が練り込まれたベーグルです。

(トリプルピールベーグル)
Photo_20200328155903

 このお店のベーグルは,カナダ・モントリオールスタイルで,その特徴は,
(1)生地に塩を使わない
(2)卵・油を使用する
(3)茹でる時にはハチミツを使用する
にあります。

 一般的なベーグルに比べて,生地の弾力が強く,噛み締めるほどに旨味が増すベーグルです。

 トリプルピールベーグルは,大きめのほろ苦いピールがザクザク入っており,ハチミツで茹でられたほんのり甘いベーグル生地との相性が抜群でした。


ヴィクトリアケーキ

 ヴィクトリアケーキは,ベーキングパウダーを使ったサクサクの生地を使い,ジャムをはさんでいるのが特徴のケーキです。

 名称はイギリスのヴィクトリア女王にちなんでいます。

 お店に八朔(はっさく)ジャムを使ったヴィクトリアケーキがあったので,購入しました。

(ヴィクトリアケーキ(八朔ジャム))
Photo_20200328155902

 八朔は広島県尾道市因島が原産地で,広島レモンと同様,広島ならではの柑橘と言えます。

 今回のヴィクトリアケーキは,ほろ苦く酸っぱい八朔のマーマレードジャムと,ほど良い甘さの生クリームが挟まれていました。

 サクサクのケーキ生地とうまく調和し,とても美味しいケーキに仕上がっていました。

 八朔は外皮も中の薄皮も厚いので,マーマレードを作る作業も大変らしく,店主さんは「今期はこれで最後にします(笑)」とおっしゃってました。


 1つ1つ手作りで丁寧に作られているお店です。


<関連サイト>
 「BONO BAKE(ボノベイク)」(広島市安佐南区川内5-21-17)
 「レモンのお菓子」(「chibiaya日記」)
 chibiayaさんが,関東で販売されているレモンケーキを中心に,レモンケーキの情報を詳しく紹介されています。

<関連記事>
 「イギリス料理の特徴と主な料理4 -ヴィクトリアケーキ-

2020年3月 8日 (日)

コーヒーの研究 -エスプレッソ・アメリカーノ・カフェマキアート・カフェコンパンナ-

 イタリアのカフェ文化を象徴するお店が「バール(Bar)」です。

 バールはカフェ・軽食・立ち飲みが出来る飲食店のことで,イタリアのあちこちで見かけます。

 そんなイタリアのバール気分を味わえる広島市内のお店を訪問しました。

 今回はバールで味わえる様々なコーヒーなどを御紹介したいと思います。


エスプレッソ

 エスプレッソは,英語ではexpress,つまり「速達,急行」といった意味で,細引きのコーヒー粉に蒸気圧のかかった湯で瞬間的に抽出したコーヒーのことを言います。

 バールでは,主に抽出の際に高い蒸気圧が出せる「エスプレッソマシン」が使われています。

(エスプレッソ)
Photo_20200308102901

 表面の泡は「クレマ」(クリームの意味)と呼ばれるもので,高圧で抽出することでなめらかなクレマが生じます。

 イタリアでは,このエスプレッソのことをシンプルに「カフェ」と呼びます。
 ※ハンドドリップコーヒーは「プアオーバー」と呼びます。

 エスプレッソに砂糖(グラニュー糖)をスプーン1~2杯入れ,少しかき混ぜて一気に飲み干し,その苦味と甘味の余韻を楽しむのが粋な飲み方とされます。

 このエスプレッソが,バールのコーヒーの基本だと言えるでしょう。


アメリカーノ

 「アメリカーノ」は,エスプレッソをお湯で割ってドリップコーヒーと同程度の濃さにした飲み物です。

 深炒り豆で瞬間的に抽出させたエスプレッソで作る「アメリカーノ」と,浅炒り豆でゆっくりと抽出させた「アメリカンコーヒー」とは別の飲み物です。

(アメリカーノとチョコレートケーキ)
Photo_20200308103801

 ドリップコーヒー感覚でチョコレートケーキとあわせてみました。

 すっきりとした味わいで,お菓子や食事とも合わせやすいコーヒーです。


カフェ・マキアート

 「カフェ・マキアート」は,エスプレッソに少量の「フォームドミルク」(蒸気で強く泡立てたミルク)を加えたものを言います。

 「マキアート」はイタリア語で「染みのついた」という意味で,エスプレッソに染みをつける程度のフォームドミルクを加えた飲み物のことです。

(カフェ・マキアートとカフェ・ジッリのカップ)
Photo_20200308104501 

 「カフェ・ジッリ」は,イタリア・フィレンツェにある有名な老舗カフェで,「ミオバール」では敬意を表してよく似たデザインのカップを使っておられます。


カフェ・ラテとカプチーノ

 「カフェ・マキアート」と「カフェ・ラテ」と「カプチーノ」。

 似たようなメニューなので,「カフェ・ラテ」と「カプチーノ」の特徴についても整理しておきたいと思います。


「カフェ・ラテ」
 エスプレッソに「スチームドミルク」(蒸気で温めたミルク)をたっぷりと加えた飲み物

「カプチーノ」
 エスプレッソに「スチームドミルク」と「フォームドミルク」を加えた飲み物

 基本は「エスプレッソ」で,それをそのまま飲むかお湯を加えるか,「スチームドミルク」を使うか「フォームドミルク」を使うか,どれくらいの量のミルクを加えるか,お酒やシロップを加えるか,などによって様々なメニューができるのですね。


バリスタとのトークを楽しむ

 お店の人気バリスタ・宮西さんとのお話も楽しみの1つで,今回はカウンター席でトークを楽しみました。

 その一部を御紹介すると…

私:「仕事は人と人とが支えあって実現できるとつくづく感じます。」
バリスタ:「エスプレッソも同じです。ドリップコーヒーはシングルオリジン(単一産地・栽培の豆)が流行りですが,エスプレッソはいろんな個性を持つコーヒー豆をブレンドし,お互いが支えあうことから生まれる味ですから。」

 トークはだんだん調子に乗ってきます…

私:「今や日本どころか世界のバリスタですよね。いや宇宙一か(笑)」
バリスタ:「バリスタの審査に私のトークが入ってれば少なくとも銀河系一です(笑)」

 トークをただ単に返すのではなく,「切り」返すことが大切なのだとか。

私:「いやー素晴らしい。(エスプレッソを淹れる)動作に全く無駄がない!」
バリスタ:「無駄なのはトークだけ(笑)」
私:「さすがイタリア生まれ!」(周りのお客さんが「えっ?」という反応(笑))

 過去にこんなこともありました…

バリスタ:「(電話で)チャオ!,グラツィエ!」
私:(おっ,すごい,国際電話でイタリアの人と会話してる!)
バリスタ:「ナスとトマトを…」
私:(なんだ,地元の店へ野菜を注文しているだけか…)


カフェ・コンパンナ

 最後に,メニューにはないコーヒーを御紹介します。

 「カフェ・コンパンナ」です。

(カフェ・コンパンナ)
Photo_20200308105901

 「コンパンナ」の「コン」は英語の「with,~と一緒に」という意味,「パンナ」は「生クリーム」という意味です。

 つまり,生クリームを浮かべたカフェ(エスプレッソ)が「カフェ・コンパンナ」なのです。

 ちなみに,イタリアには「パンナコッタ」という白いプリンのようなお菓子がありますが,この「パンナ」と同じです。

 生クリーム(パンナ)をコトコト煮て(コッタ)作ったお菓子が「パンナコッタ」です。

 イタリア版のウインナーコーヒー(アインシュペナー)といったところでしょうか。

 ビターなエスプレッソを味わった後に生クリームがその苦味をやさしく包み込んでくれました。

 マキアートとはまた違った味わいが楽しめる裏メニューです。


 「カフェ・コンパンナ,ペル ファヴォーレ(お願いします)!」

 こんな感じに,バールで自分好みのメニューをサラリと注文できるようになればカッコイイですね。


<関連リンク>
 「Mio Bar(ミオ バール)」(広島市中区幟町5-14-15)
 「Caffè Gilli(カフェ ジッリ)」(イタリア・フィレンツェ)

<参考文献>
 UCCコーヒー博物館著「図説コーヒー」河出書房新社
 福田幸江・吉城モカ・川島良彰「僕はコーヒーが飲めない 4」小学館
 辻調理師専門学校監修「イタリア料理基本用語」柴田書店

より以前の記事一覧

最近の記事

最近のトラックバック

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ