関西地方の耳かき

2017年12月 8日 (金)

大阪のおばちゃんの耳かき -大阪府大阪市-

大阪はご当地耳かき・バラエティ耳かきの宝庫です。

お土産用耳かきは郊外の観光地や温泉街で売られていることが多いのですが,大阪は街中でもたくさんの耳かきが売られているのです。

今回は大阪のおばちゃんの耳かきを御紹介します。
2709208

大阪のおばちゃんが「大阪のおばちゃん」と書かれたビニール袋(←ありえへん!)を手にぶらさげ,大声で笑っています。

包装の台紙に大阪のおばちゃんの特徴が書かれていました。

・髪はショートか軽いパンチパーマ
・髪の色は茶・紫・金
・小太り
・ヒョウ柄好き
・スパッツにサンダル
・目立ちたがり
・何でも値切る
・誰にでも声をかける
・しかも声がデカイ
・しゃべりながら叩く
・タダに目がない
・世話やき
・カバンにいつもあめちゃんが入っている
・人情味があふれている

いくら大阪とは言え,言い過ぎなのでは?と小心者の私はつい思ってしまうのですが,大阪には,むしろそれをネタにし,笑い飛ばせるだけの活力や雰囲気があるのでしょう。

そんな期待を裏切らない大阪がめっちゃ好きやねん(笑)。

2017年9月 8日 (金)

みかん(和歌山)の耳かき -和歌山県和歌山市-

和歌山はみかんの生産量日本一です。

有田地方の有田みかんが全国的に有名ですね。

そして紀州みかんと言えば,江戸時代,江戸でみかんの価格が高騰した情報を察知し,悪天候の中,船に大量の紀州みかんをのせて紀州から江戸へ運び,そのみかんを売って財をなした紀伊国屋文左衛門の話を思い出します。

この耳かきのみかんはギザギザの前髪もあり,こけしのような顔の表情をしています。

みかんのヘタは緑の帽子にデザインされています。

と,みかんばかり注目しがちですが,私がこの耳かきで価値があると思うのは画像下側の耳かきの柄に記されている「和歌山」という地名です。

これがなければ,愛媛でも静岡でも広島でも,みかんで有名な所ならどこで売られていてもおかしくないわけですから…。

でももしかしたら,耳かきの地名だけ変え,みかんで有名なほかの地域でも同じ耳かきが売られているかもしれませんね(笑)。

3003201

(参考)
よく似たみかんの耳かき「みかん(あたみ)の耳かき -静岡県熱海市-

2017年7月11日 (火)

京都八ッ橋ちゃんの耳かき -京都府京都市-

京都のお土産の定番,八ッ橋の耳かきです。

三角の形や色の組み合わせから,正確には「京都生八ッ橋ちゃん」の耳かきでしょうね。

「旗持ち」と呼ばれる,地名やキャラクター名が書かれた旗を持っています。

旗で京都の八ッ橋であることを書き示しておかないと,キャラクターだけではおむすびか何かと間違われ,生八ッ橋だと思ってもらえない可能性もありそうです。

お腹に若干ふくらみが見られますが,これは中に小豆あんなどが入れられていることを表現したものなのでしょう。
2608196

2017年3月23日 (木)

ぶたまん船長の耳かき -兵庫県神戸市-

 神戸の中華街「南京町」で購入しました。

 南京町の名物「豚まん」と港町神戸を象徴する船長を,神戸つながりで一緒にしたキャラクターとなっています。神戸限定なのは当然です(笑)。

 関西では肉と言えば牛肉を指すことから,豚肉で作られる肉まんは「豚まん」と呼ばれるようです。

 ならば,新名物として,贅沢に神戸牛を使った「特選神戸牛の肉まん」というのはいかがでしょうか。

 ただし,この肉まんが売れなくても「憎まん」でください(笑)。

2805185

2016年11月27日 (日)

船長の耳かき -兵庫県神戸市-

「みなとまち神戸」のイメージにぴったりな船長の耳かきです。

モデルは欧米人だと思いますが,神戸の街に似合います。

航海する人にとって,船から眺める神戸港と六甲山の景色は特別なもののようです。

異国情緒あふれる神戸ならではの耳かきです。

2804181

2016年8月20日 (土)

ひこにゃんの耳かき -滋賀県彦根市-

 滋賀県彦根市のご当地キャラクターです。

 朱塗りの兜をかぶった招き猫がデザインされています。

 胴長短足なところや,首輪の黄色い鈴を見ると,ドラえもんのようにも思えますが,そんな親しみやすいキャラクターだからこそ全国にファンも多いのでしょう。

 滋賀県内のお土産屋さんでは「ひこにゃんコーナー」が設けられ,様々なひこにゃんグッズを入手することができます。

2502174

2016年6月18日 (土)

提灯(吉本興業)の耳かき -大阪府大阪市-

なんばグランド花月にある吉本興業オフィシャルグッズショップ「よしもとテレビ通り」で購入しました。

観光地でお土産用のご当地提灯が売られているのを見かけますが,この提灯の耳かきも,お土産用という観点から商品化されたものだと思います。

提灯がやたらと大きく目立ちますが,その分重いため,耳掃除用というよりは,飾り用の耳かきだと思います。

いかにも吉本興業らしい耳かきです。

2708171

2015年11月 6日 (金)

けつねうどんちゃんの耳かき -大阪府大阪市-

大阪名物「けつねうどんちゃん」の耳かきです。
地元大阪の人でも「きつね」を「けつね」と言う人は少ないようなので,「けつね」は,お土産として受け狙いの意味が強いネーミングなのでしょう。
実は足で歩いてたり,後ろにかわいいきつねがいたりといろいろな細工が施されており,楽しませてくれます。
2707158

2015年10月16日 (金)

金運お守りの耳かき -京都府京都市-

本金メッキ製の金運お守りが付いた耳かきです。
金の小判の表裏には,「開運招福」,「交通安全」と記載されており,金運や財運だけでなく,様々な御利益がありそうです。
ただ,こうした独特のデザインやダジャレには,「うーん」と考え込んでしまいます。
2607157

2015年9月13日 (日)

本真珠の耳かき -三重県伊勢市-

三重県は,英虞(あご)湾をはじめとして,伊勢志摩,鳥羽などで真珠の養殖が盛んです。
この耳かきの値段は,確か500円前後だったと思いますが,「本真珠保証」シールが貼られており,本真珠に間違いなさそうです。
真珠養殖の本場ならではの発想で生まれた,贅沢な耳かきとなっています。
2401154

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ