工芸・縁起物耳かき

2018年2月18日 (日)

手まりの耳かき -群馬県渋川市-

伊香保温泉街の民芸品店で購入した手まりの耳かきです。

玉全体を白い糸で巻き,その上から模様となる赤や緑の糸を巻いて作られています。

木製の葉っぱに「伊香保」と記載されているので,伊香保温泉のお土産としても喜ばれそうです。
(これがあるからご当地耳かきコレクションとしての価値があるとも言えるのです。)

群馬でのご当地耳かき探し。

伊香保温泉ならあるだろうと意気込んで訪問したのですが,意外と観光地でよく見かけるような定番のお土産屋さんが少なかったので,この耳かきを見つけたときはとても嬉しかったです。
1002215

2017年12月30日 (土)

小江戸川越の耳かき -埼玉県川越市-

埼玉県内の観光地を調べた結果,川越にお土産がたくさんありそうだったので,池袋から東武東上線に乗り,ご当地耳かきを探しに出掛けました。

「小江戸川越」と呼ばれるだけあって,小江戸の雰囲気のある通り沿いにお土産屋さんはたくさんあるのですが,ご当地耳かきだけは探せど探せどなかなか見つかりませんでした。

お土産屋さん,雑貨店,菓子屋横丁などの店という店を探し回って,やっとあったのが今回御紹介する耳かきです。
11012101

一番街「鍛冶小町堂」で売られていました。
木製の携帯用耳かき入れで,紐をゆるめてふたを開けると,中に竹製のミニ耳かき1本と綿棒2本が入っています。
耳かき派も綿棒派も愛用できる耳かき入れです。
入れ物には「小江戸川越」と地名も記載されているので,お土産にも向いていますね。
1101210
お店の方に「川越の耳かきはありますか」と尋ねたところ,この耳かきを教えていただきました。
帰り際,お店の方が「こんな耳かきしかなくてすみません」とおっしゃったので,私は「こんなに素晴らしい耳かきがあるなんて感動モノですよ!」と素直な感想をお伝えし,ほっと胸をなでおろして川越を後にしました。

2017年10月24日 (火)

箱根寄木細工の耳かき -神奈川県箱根町-

 箱根の伝統的工芸品「寄木細工」の耳かきです。

1407206

 様々な種類の木材を組み合わせ,美しい幾何学模様が作られています。

 木は着色が施されておらず,天然の木の色が生かされています。

 この耳かきは,今朝(2017年10月24日朝),駅のホームでいつもお会いする人からお土産としていただいたものです。

 朝,通勤先は違えど,お互いいつも同じ場所から乗車することから,いつの日からか声をかけていただくようになりました。

 電車を待っている間,私がその人にご当地耳かきを集めていることをお話ししたことがあるのですが,その時の話を覚えてくださり,今回旅行先のお土産として買ってきていただきました。

 私は,ご当地らしさが感じられ,できれば地名が明記された耳かきが理想だと考えていますが,この耳かきはこの条件を見事満たしています。

 旅行先で,よくよく考えて買ってきてくださったのだと思います。

 私は「まさにこういう耳かきを集めてるんです!今日は嬉しい1日となりました。」と深々と頭を下げ,お礼申し上げました。

 相手の方からは,「嘘でもそう言ってもらえると嬉しいですよ。」と言っていただきましたが,今回のご当地耳かきは,お気持ちも含めて本当に嬉しかったです。

 私は朝,駅のホームで本を読んでいるのですが,雨の日でも傘をさしながら本を読んでいる姿が印象的なのだそうです。

 変な人間だと思われてなければよいのですが(笑)。

 冗談はさておき,私にとって貴重な耳かきとなりました。

2017年9月20日 (水)

赤ヘル耳かき -広島県広島市-

 2本セット,しかもそれぞれの耳かきを用途別に耳の左右で使い分けるという珍しいカープの耳かきです。

3412203

 裏に説明書きがあり,
 「この耳かきは,愛好家のより細かい要求にこたえて考案された商品です。一般の耳かきとは異なり,左右,奥・手前などさまざまな耳の穴の形状によって使い分けするようデザインされています。今までにない使用感でご満足いただければ幸いです。」
 と説明されています。

 イラスト入りの使用例もあります。

34122031

 ステップ1として,耳の穴の側面や耳のまわりを広くおそうじします。
 これが「スターター」と呼ばれる長い方の耳かきで,先がくびれており,縦長に面取加工されています。

 ステップ2として,かきたい箇所をピンポイントできっちりおそうじします。
 これが「クローザー」と呼ばれる短い方の耳かきで,先のくびれがなく,先端が面取加工されています。

 私は集めている耳かきを使うことはないのですが,さすがにこの耳かきは使ってみないとわからないので,実際に使ってみました。

 確かに使い心地に違いを感じました。

 「スターター」は耳の穴を丸くえぐるのに都合がよく,「クロ―ザー」はピンポイントで出し入れするのに都合がよいように思いました。

 こうした機能があることに加え,カープのデザインの耳かきでもあることから,珍しく,ご当地耳かきのコレクションとしての価値もある耳かきとなっています。

 
 昨年に続き,今年も広島カープはこの耳かきのごとく他球団を見事スイープ(一掃)してリーグ優勝となりました。

 祝 広島東洋カープ 2年連続セ・リーグ優勝!(2017年9月18日)

2015年10月16日 (金)

金運お守りの耳かき -京都府京都市-

本金メッキ製の金運お守りが付いた耳かきです。
金の小判の表裏には,「開運招福」,「交通安全」と記載されており,金運や財運だけでなく,様々な御利益がありそうです。
ただ,こうした独特のデザインやダジャレには,「うーん」と考え込んでしまいます。
2607157

2014年7月 4日 (金)

耳かきをするおばあさんの耳かき

メガネをかけたおばあさんが気持ち良さそうに耳かきをしています。
丸メガネを使って,裁縫し,一段落ついたところで耳かきをしている姿が目に浮かびます。
この表情を眺めると,自分も耳かきをしたくなります。
9911109

2014年6月20日 (金)

信楽たぬき君の耳かき -滋賀県大津市-

名神高速道路大津サービスエリアで購入しました。
後ろの編み笠に「信楽たぬき君」と書かれており,右手に徳利,左手に通帳を持っています。
この特徴的なたぬきには,「八相縁起」(笠,笑顔,大きな目,大きなお腹,徳利,通い帳,金袋,太いしっぽ)の意味が込められているそうです。
おおらかで,でもお金にはしっかり者の酒飲みという印象を受けます。
2501105

2014年6月14日 (土)

破魔矢(いのしし)の耳かき

亥年の初詣の時期に神社で購入したものと思います。
確認している訳ではありませんが,多分,毎年その年の干支が描かれた絵馬付きの破魔矢の耳かきが売られているのでしょう。
本物と同様,鳥の羽根を使うなど,精巧に作られています。
万一売れ残ったら,絵馬だけ変えてまた来年売ればよいと思うのは私だけでしょうか(笑)。
9910104

2014年5月23日 (金)

サインポールの耳かき -広島県海田町-

理容店で年末にいただいた粗品です。
粗品は,櫛だったり,シャンプーブラシだったり,毎年変わるのですが,このサインポールの耳かきは理容店の特徴が表れており,いただいて嬉しい粗品です。
非売品であり,手に入れようと思って入手できるものではないので,それなりの価値があります。
3406100

2014年5月17日 (土)

孫の手の耳かき -大分県別府市-

 大分県別府市にある「竹苑(ちくえん)」製の耳かきです。

 耳かきを整理していて,なぜか別府で作られた耳かきが多いように思っていましたが,調べてみると,大分県はマダケの生産量が全国トップシェアで,中でも「別府竹細工」が有名とありました。

 孫の手自体も耳かきになっているのに,別にもう1本,黒塗りの普通の耳かきがセットになっているのか謎ですが,両耳がかゆいときに両方一度に使ったり,片方は孫の手として,もう一方は耳かきとして使えば,確かに「かゆいところに手が届く」ことになりますね(笑)。
4405098

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ